忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


もともと主人公男女選択可で恋愛もできる一般ゲームだということに惹かれて買ったんですが、可愛らしいキャラクターたちにちょっとほわん…vとすればOKぐらいに思ってたのにまさかこんな悶えキャラ見つかったとは。
想いが瞬を駆け抜けて痛々しい妄想を描く萌えわずらい一歩手前です。(黙れ)


…というわけで(というわけにするな)、『アヴァロンコード』2周目クリアしました!!
もう5日前ぐらいのことですが。

以下、ネタバレしないように頑張ってるけど勢いでネタバレっぽいことも口走ってるので注意。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



当然、恋人はウルにして……とまあ、最初の親密度をレンポ→ミエリ→ネアキと入れ替えて、ウル加入までレンポに親密度集中させなければ簡単でした。
十一章で枷解放して告白イベント。うっかり公式攻略本で枷解放後の姿見ちゃってたんですけど、後のムービーでも枷無しグラフィックなんでニヤニヤしてました。
ちょ、おま、オッドアイかよ……!オッドアイ来た。(悶絶)



五章で恋人作っておくとちょっとストーリー変わる……というか●●になるのが恋人になるんですね。
なるほど、それで頑張る主人公だとかなりドラマチックになりますね。女主人公だと最早どっちがヒロインだか。

そんなわけで三周目は●●になった恋人のために頑張る女主……をやりたいと思ったんですが、三周目メインはレクスで行きたい考えてます。
レクス恋人だと●●になるのはデフォルトでファナになるんですが、レクスは一番会話の変化が多そうだからなぁ……恋人じゃないと男女共通イベントなんでやたら「親友」「親友」と強調されますが、恋人だったらどうなるんだ。「もう一度、俺の親友に…」とか。
女主人公だったらやっぱりレクスが王道っぽいですしね。準王道はレンポで、裏王道は皇子?



ラスボス撃破までに恋人作っておくとED映像がちょこっと変わるんですね。
初回も今回もプレイは一周30時間くらいですが、確実に10時間以上はコード整理やメタライズ収集に費やしているので、実質は20時間以下になると思います。クリアまでのストーリーやダンジョンはそんなに長くないので、その気になれば15時間くらいでいけるのだそうです。

さすがに一周1人はキツいので、三周目はレクス中心に五股かけます。
恋人できた後も親密度があれば告白イベントが起きて何度も別のキャラに恋人変更できる……という。普通の乙女ゲームだったら怒られますが、コレの場合恋愛イベントはオマケ要素なのでやりたい放題でいいんです。(笑)



セーブデータが一個しかないのが惜しいなぁ。
よっぽど「コレ!」と決めたデータじゃないとやりこみはできないですね。データ消すのが勿体なくて。
オリエンタルブルーみたいに二個も三個もカートリッジ買うわけにはいきませんから。(オリエンタルブルーは3つ持ってます/笑)



精霊には枷解放時の告白とは別バージョンの告白があるようで、そちらの告白イベントを「能登ボイスの「愛してる」がある方」と呼んでいます。(笑)
主人公が言葉を発することなんて序盤の語りと戦闘ボイスと感嘆?の声ぐらいですが、まさかそこでボイス出るとは驚き。
一周目のレンポで発生して、朴ボイスの「大好きだーッ」にもキュンと来ましたが思わぬ能登ボイスの「愛してる」にやられました。
その時は確か枷解放時の告白を断って、その後に起こったイベントなのでどうやら「一度告白した後、再度告白する」状態に持っていかなければならないようです。

これは是非ウルのバージョンも見たい!ということで、ウルとは枷解放時の告白で付き合っちゃってるので再度告白を受けるには一度別れる=別キャラを恋人にする必要があるわけで。
本編中はひとっつもヒーロー候補たちに手を出していなかったので、クリア後からイベントができる皇子が将軍になりますが、ここはプレゼントをするのが楽な将軍にしました。(皇子は砦まで行くのが大変だからさ!)
ちゃちゃっとイベントこなしてプレゼントして親密度上げてヒース将軍を恋人に。人間相手の恋愛だと抱き締めるシーンがあったりしますが、そういや精霊のイベントは密着度少ないなぁ、と。もしかして直接な物理干渉はできない?

夜間訪問イベント…別名夜這いイベント(違)で間違えたり正解したりしながらウルの親密度を将軍より上げて、再告白イベント見られました。
要するに将軍はダシということで…。あ、いや、ゴメンなさい(汗)。将軍好きです。むしろ最初にビビってきたキャラです。人間候補は三周目でジックリやるので。


ちょ…!「生徒」って。今まで主人公をそんな目で見てたのか。教師属性だったのか。私はてっきり保護者属性かと。

或サイトでも言われてましたが確かにウルはエロい臭がしてくるなぁ(待て)。他の恋人候補の男たちが純真系多いので、そういうポジショニングなんですかね。(笑)
別に全然そういうシチュがあるわけでもなく精霊なんて特に触れ合うこともありませんし内容サッパリとしているはずなのになぁ…もう教師属性と敬語と台詞回しだけでエロいと感じさせるのは凄いと思います波多野さん。
さすが某攻略サイトの人気投票で男主人公くんを凌ぐダントツ1位。(意外でした。そんな人気あるんかい!)

でも夜這…いや、夜間訪問イベントの「だーれだ?」と照れた笑いと「大好きですよ!」は普通に可愛いです波多野さん。コイツだったら「愛してますよ」とか言うんじゃないだろうかと思ってたんですが「大好き」だとエロさなくなって可愛らしくなりますね。


この夜間訪問イベントはキャラによってはかなりイメージしにくいですよね。最初ウルが「だーれだ?」とか言うのか?と思ってたんですが、この声色の可愛らしいこと。ただのバカップルに聞こえますよ。

将軍の「だーれだ?」も衝撃なんですがね(笑)。アンワールも実際可愛らしい子だったんで意外としっくりきたし、皇子もどうなるんだか想像つかないですが仲良くなると素直で可愛い人だと思っているので違和感ないかもしれませんね。

心の声イベントが好きです。だんだん惹かれていってるのがよく分かって面白い。トキメキすぎだお前ら。
精霊にもあったら良かったのになぁ~。まあ精霊はストーリーがイベントみたいなもんなんで、サブイベントとかはないんですが……メイン(と言えば精霊は超メインですが恋愛面ではサブ)以外にガチ萌えしてしまったこの歯がゆさ。どっかでも思ったことあるような。(某若き命差し出せば時が動き出す乙女ゲームで維持を無理やり担ぎ上げて実権を握ろうとしている老狸どものことか)



ウルとビスじいさんの声が同じだったという衝撃。
ちょ…波多野さん、どこからそんな甲高い声が出るんですか。ビスじいさんの「へーい」(高音)は印象的。
それから、小杉さんも二役なんですよね。グスタフはまさに「小杉!」って感じの声ですが、ハオチイも小杉さんだったという衝撃。ハオチイとはひたすらジャッジメントリンクで戦っていたので、「あったり前ネー!」が強く残っています。本当にこの声がどこから。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック