忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


昨日は一日中大雪警報でした。
積雪は1メートルちょいですが、その前に降った分も蓄積されていますので……確実に倍以上は積もってるんじゃないですか。


本日の昼前、もの凄い轟音と共に積もり積もった屋根の雪が全部落ちる


①玄関を開けるといきなり雪の壁。
 完全に外への通路が塞がったので、祖母と二人でせっせと玄関からの通路を確保。


②普通、雪を掘ったら横に積み上げていくわけですが、すでに屋根にも届かんかというほどに積もっている状態。
 掘った雪を捨てる場所がない。
 私が雪を掘って崩し、祖母がママさんダンプで雪を運ぶこと1時間半。なんとか開通。


③表から見たらこんな感じ。いや開通させないとこの写真を撮っているポジションにたどり着けないもんで。


④車庫の屋根からはまだズッてないようだけど、もうすでに屋根に届かんばかりに積もっている状態。
 落ちたとしても場所がなく落ちきらないんじゃ。


⑤裏通りはついに屋根の雪と積もった雪が繋がりました。
 縁の窓を圧迫しております。最悪、割れる可能性も。
 いやね、そうならないようこちらもちみちみ掘ってはいたんですよ。
 でもいっぺんドカーっと降ってドカーっと落ちたらこんなんですよ。もうどうにもならない。
 よしんば掘ってみたとて雪を捨てる場所がない。


地元の家の多くは自家用雪かき車を持ってます。うちにはないけど。
雪かき車……というか農家や酪農家が多いんで、そのトラクターを使われてます。

歩道用の雪かき車もありますから、雪で狭くなった車道に人が歩いていて困るということはありません。

県屈指の豪雪地帯ならではの備えですが、近年はほとんど雪積もらなくてスキー場がピンチだったぐらいなのに、今回は去年の年末から急にドドっと降り始めました。こんな大雪は久々です。



拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック