忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


……というのも、例の件で「私(果物)が気落ちしているのではないか?」と心配されまして。
あの、私は大丈夫です。全然、気落ちしていません!! むしろ、いろいろと心が洗われてスッキリサッパリしています。全裸です。(おまわりさん以下略)

確かに、あれは今読み返しても、やや過剰すぎるような書き方のように思えます。
それでも、投稿する前に何度も何度も読み返して、書き直して、「これが最善の形だ」と思ってUPしました。……本当に最善かどうかは読まれた方に判断を仰ぐしかないわけですが。

誤解のないように申し上げますと、「指摘された」こと自体には反省はしていますが落ち込んでいるわけではありません。これで「落ち込む」などというのはあまりにもお門違いで相手の方に失礼なことですし、むしろ感謝でいっぱいで、こんな私にこんなことまで……と畏れ多すぎてビビる勢いなのですが。(だからあの過剰な文面に)

要するに私が伝えたかったのは、
「すみません、私が間違ってました。色々と教えてくださってありがとうございます!!」
ただ、それだけの気持ちなんです。(「訂正」である以上その過程も色々書かなければならないので長ったらしくなりましたが)

しかし、「文字」という媒体はもっとも感情を伝えにくいものです。こちらが本心であれ前述した「すみません~」という文面だけをポンと出しても、「本当に反省してんのかコイツ」と誤解を招く恐れの方が遥かに高いです。
なので「なぜ間違えたか」「なぜ感謝しているのか」という理由をちゃんと順追って説明しないと、相手の方には正しく伝わらないのです。(そして、ここまでやっても互いに互いへの誤解が生じてしまうことは「文字だけのやりとり」ではしばしば起こるのです)
なので、慎重に慎重を重ね、ああいった文面になりました。それでも「足りない」と思われるかもしれませんし「過剰にビビりすぎだろ」と思われるかもしれません。こればかりは受け手の判断にお任せするしかありません。

……というところまで本音は書きたかったのですが、あの状況でこんなことダラダラ書いても言い訳じみたふうにしか聞こえないのでバッサリ切りました。
しかしあまりにもガッチガッチになり過ぎて、読み手の方が神経すり切れられても申し訳ないので、こういうクッション的なことも書いておきます。

とにかく、私は何一つ気落ちはしていませんし、当然いじけてもいません。むしろ自分の外面を塗り固めていた服をすべて脱ぎ捨てられて、楽になったくらいです。(おまわりs略)
なので、読まれた方はそういったことは本当に気になさらないでください。むしろ気にさせてしまっていたら、すみませんでした!(汗)
  
訂正文や修正文の方でやや(どころか)卑屈な文章があるのは否定できません。……こればかりは私の性格としか言いようがないです。むしろ落ち込むことがあるとしたら、そんな自分の「逃げ」に入る姿勢に対してです。そういう意味では今回は「自分との戦い」の方に(勝手に)疲れました……。自業自得。ひとまず戦いが終わったので楽になった。そういうことです。……本当、「文字」という媒体は難しいです。日本語も難しいです。(それでよくあれだけの文章垂れ流していられるな、と。勉強勉強/汗)

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック