忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


「いやそれいつもお前がやってることだろ」というツッコミは……しないでやって、くださいま、せ……。orz
  茶菓菜屋より14日にweb拍手と、15年10月24日の記事拍手ありがとうございました。
 
【21日追記】
 ニンニンジャーに出て来る『牙鬼(キバオニ)』とか『忍法・影縫い』という単語についニヤリとしてしまった果物ですこんにちは。(重症)
 現行放送がほとんどクライマックスだというのに、今更になってようやく録り溜めしていた2話~を観ています。実は戦隊モノで一番古い記憶がカクレンジャーだったりするのですが(←歳バレる)、7話では感慨を覚えました。さすがに「懐かしい」と言うには記憶がなさすぎるのですが、何か感動。ニンジャレッドとハリケンレッドのアカニンジャーへの扱いェ……。(笑)しかし怪人役のゲスト声優さんたちがアドリブかどうかはわかりませんがちょいちょいネタ仕込んで来るのが……何なんですか(笑)。

 で、微妙にややこしいながらそれとこれとは全然まったく関係ないんですが、『百花百狼』のPV公開されましたね。(※こちら)
 惚れた贔屓目抜きにしても凄かったです……。何か、乙女ゲームのPVというより、映画の予告みたいな。目まぐるしい画面や台詞の切り替わりとか……多分、それを意識して作られているように思えます。立ち絵の動きの滑らかさには驚きました。もしゲーム本編でもこんな生き生き動いたら凄いですね。……というか私はPSVitaさんのスペックを侮っている気がしました(殴)。
 月下丸と五右衛門の共闘に胸熱したり、霞ちゃんの叫びに何があったと不安になったり、感情的になった半蔵の声初めて聴いてうああッてなったり(落ち着け)。主人公とだけじゃなく、キャラ同士の横の絡みも結構あるみたいなんで、そこも楽しみです。


 pixivにUPした小説にて。うっかり、忍者が行っていたとされる忍術習得・向上のための祈願『飯綱の秘伝』の話をちらっと出してしまいましたが、青天世界の場合、シカを大切にするコノハナ神社と関わりが深いニンジャ一族が、「鹿の皮を生きたまま剥ぐ」という祈願方法はしそうにないですね……。相変わらず個人趣味に走るとこうなる。すみません。(汗)
 実際にこれも「悪事のためではなく、世のため、人のためにこうするのだから、許し給え」という意の口上を述べて誓約し、臓物は丁重に埋めて祀るそうです。そしてこの法が記されている大原数馬の忍術文書には「君のため天下のためより外、堅く此の法を行うべからざるものなり。」と、あるそう。(参照:山口正之『忍びと忍術』)


 大河ドラマ観るのは『風林火山』以来です。実は真田信幸が結構好きなんですが、それをまた好きな俳優さんが演じてくれてて、しかも劇中での性格・描かれ方が俳優さんの役柄イメージとも相まって(超個人的な)理想にストライクだったのが決定打(笑)。父と弟に振り回されてるのがいいですね。このしれっとした感じが昌幸さんマジ昌幸さん。『風林火山』の思い出が強いだけに、武田勝頼の最期にはウッと来ます。まだ登場人物少ないですが、徳川陣営も魅力的ですね。正信さんマジ正信さん。石川数正にその台詞言わせるのか……と、皮肉めいたものを感じたりなんだり。後々、この家中に信幸さん飛び込んで行くのか……と思うと心配だけど楽しみです。豊臣家がメインで出て来るのはもっと後のことになると思いますが、淀の方(茶々)が今回はどんな描かれ方するのだろう……と気になります。秀次へ伸びた「邪魔」という矢印と、秀次から秀頼に伸びた「嫉妬」の矢印がドキドキする。定番の「気の強い女性」かな。昔に比べて最近は淀の方のイメージも見直されているようで、いやぁ……随分と気が楽になりました。同時に、「淀君」が蔑称とは限らないとか、「淀」という表記は間違いではないらしいとか、豊臣両御台説とか、歴史の認識ってどんどん変わっていくなぁとしみじみ思うところです。でもフィクションと割り切った上で『淀どの日記』(井上靖)や、山田風太郎、山岡荘八の作品での描かれ方も嫌いではないといいますか、わりと好きな方です。良くも悪くも、生々しい「人間」的な部分を感じる。

 ――で。いきなり青天関係ない話で何を言い出すのかというと、クド山のことを思い出しただけです。前にも言いましたが、あそこにぽつねんと「九度山」置くモチーフ配置がニクいです……。ニンジャと関わらせたのがニクいです……。(落着け)しかしすみませんそれだけです(殴)


 某様がキャラクター名で考察やってくださっているので、私もいずれは地名・マもの名まとめたいなぁという気がします。地名調査は何年か前にやったことがあるのですが、勘違いもあったり、その時とは別の見方とか深読み(おい)もできそうな部分が色々。
 その流れで、服部半蔵や伊賀者とコノハナサクヤヒメや春日大社の関わりから、ニンジャとコノハナ神社に思いを馳せてみたり、「カラクム砂丘」の名称からトルク人の故郷は最初はカラホト国に設定されていたんじゃないかという完成したゲーム上では正直不毛(かつ勝手)な想像まで働かせていたのですが、それはまた別の機会にしておきます。……いるんだろうかコレ(汗)

 今回は「ある意味で『禁断』」とも言えるネタを……――って、そんな重々しいものではなく、先に言ってしまうと「身長」と「声」の想像話なんですが。要するに痛々しい自分内設定を垂れ流すだけの簡単なお仕事。
 長くなったのと、「考察」と「萌え語り」は別にしておこうか(私の中の基準は曖昧過ぎますが……)ということで、今回は「その手の」話でございます。当然ながら、公式様の設定とは何一つ関係ございません。勝手な想像が苦手な方はご注意ください。皆様は皆様の抱かれるイメージをどうか大事になさってください……――というか他の方がどんなイメージしてるか気になるくらいです。(ボソッ)

 「ようし付き合ってやろうじゃねぇか」という心の広い方は、↓どうぞ。




【青のお城のお正月】

 青の城の仲間、みんなで一緒に年末年始を過ごせたらなぁという仲間依存症な同人家の超個人的願望によりネタを妄想してますが、実際にその時期をまたぐとしたらカラホト組とかジャッジあたりは一旦国に帰りそうですね。行事とか儀式とかで。国ではそれなりの立場にある人たちですし。
 逆に天帝宮時代は年末年始激務だった水月やジュウベエは、職場が閉鎖されてしまったものだから比較的のんびりすることになったりして。何か拍子抜けして却って落ち着かないワーカーホリックだと面白いけど、状況的には笑えないですねすみません。水月にいたっては自宅まで失っているんですよね……うわぁ。

 どうでもいい妄想①:水月ほどの立場なら「よく訪れていた」というヤマトに別荘がある可能性も。青の城自室の調度品はそこから持ち込んでいたりして。
 どうでもいい妄想②:ジュウベエは実家に帰ると里のチビっ子たちからお年玉せがまれるので、「今は主人公の側仕えの任務中だから」とか理由つけて帰らなかったら面白い。そういう本人も、子供の頃はどれだけ多くの額せしめられるか仲間と競っていた。策なり色気なり物理なりを駆使して大人相手に駆け引きをし、交渉術を磨く修業でもある。それがニンジャの里、正月の風物詩。
 
 
 
 
【寒さに強そうランキング+世界各地の冬の様子】
※下にいくほど寒さに強い。公式様の設定とは一切関係ない、超個人的なイメージでございます。

ジャッジ:南国ニライカナイ出身+温泉での発言からして変温動物の可能性アリ(トカゲだし)。ツングースあたりでは冬眠不可避。でも青の宝箱があるため吹雪のシバ山に強制出動という……。

水月:冷え症が酷い(私の中の水月さんはどんだけひ弱なんだ)。それはそれとして、大都は底冷えが厳しそうですが、そんなに雪は積もらなそうなイメージです。四方が壁に囲まれた、閉鎖的な町のイメージがあるからですかね。避け場がないのは問題。積もってもせいぜい数センチくらいで、カツラの人が「冬の早朝は風情があるのう」とか言うレベル。
【21日追記】大都は乾燥して~と書いたけど、逆か。湿地帯の可能性の方が高いっぽいですね。めちゃくちゃ「水場」が多い町でした。 天帝宮や街道には水路があるし、カツラの屋敷は池の上だし、ロクハラには水田がある。 何より、前庭の植生は湿地のそれだし、広大な池は海と地下で繋がっていることを考えると、あれは自然にできた水場ということですね。
 
ガラシャ:南国ガラ出身だから正直寒いのは慣れない。ただ本人は我慢強くて頑丈なので、仕事の場合は文句言わずどこへでもついて行く。寒い所では釣鐘がキンキンに冷えてえらいことになりそう。なので、冬のヤマタイとかカラホトはできれば避けている。

レン先生:シャンハイ地方の気候はトルク人(砂ネズミ)が生活しているだけあって、冬でもガンガンに冷えたり、雪が積もるようなことはなさそうなイメージです。でも研究のためならば、灼熱の砂漠だろうが極寒の雪山だろうがどこにでも突撃する好奇心と根性。

ヤミの右近:武闘派だし我慢強いけど、体が冷えやすい。物凄く強いけど、体力がなさそうなイメージ(ステータス的に)。ヤマタイ国の冬はニンジャの里(コウガ村)ほどもっさり雪は積もらないけど、底冷えが厳しそう。

かぐら:カラホト国はモンゴル風の気候だとしたら、乾燥していて寒暖差が激しいイメージです。気候の急激な変化にも強そうな元気者。運搬動物がラクダじゃなくてラマなんですよね。

果心居士:伊達に冷風厳しいカナンのとうだいで暮らしてない。青の一族(=人間より頑丈)というアドバンテージもアリ。というより単に私が果心居士をハッスルじーちゃんとして見たいだけなんだと思います。だって亀仙人より長生きですし。(武天老師さま関係ない)

ジュウベエ:贔屓目抜きにしても、やっぱニンジャだし。体温が高い。ただし代謝が激しくて「燃費が悪すぎる」と呆れられており、寒冷地での長期潜伏に向いてない(ゆえに戦闘特化型。燃費の悪さは化け物並みの体力で補う)。ニンジャの里はコウガ村側とイガ側でかなり気候が変わりそう。冬のコウガ村側は湿度の高い豪雪地帯。クド山は雪に閉ざされてしまうので、ガマの隠し通路が活躍。逆に、イガ側は風景と建物の形状からして、あまり雪も雨も降らなそう。年間通して変わらず修業できるのが強み。

天下丸:「子どもは風の子」の極み。鬼族そのものが頑丈そうです。ツングース地方で、「さっみ~」とか言いながら、ミニスカ&ノースリーブでぴんぴんしてる。でも首のモコモコは温かそう。(多分このアイテムのせいで天鬼山=寒冷地というイメージが)


[番外①]わかな姫&ゲド:温度計機能はついている……という言い方は微妙ですが、熱いとか冷たいとか「温度」自体は感じるけど、それを痛覚としては感じないイメージ(沸騰したヤカンに触れて「あちっ」と手を引っ込めるようなことがない)。人間よりは頑丈だけど、それだけに痛みとか恐怖とかから来る自己防衛本能が働かなさそう。そんな娘に対して、水月が「これに触っちゃいけないよ」「あれはしちゃいけないよ」と、細かに教え込んでいれば和む。
【21日追記】あと、体の構造上では、どちらかと言えばわかな姫は寒さに弱く(関節が凍るから)、ゲドは暑さの方に弱い(オーバーヒート的な感じで)イメージがあります。さすがに最強兵器・マオウですから、40~50℃程度の外気ぐらいではどうということはありませんが。
 
[番外②]主人公:何といっても主人公なんで、各プレイヤーの以下略。個人的にはかぐらor果心居士の前後くらいかなと。基本的に元気で頑丈。どこへ行っても生きていける。何といっても主人公なんで(根拠は?)。ちなみに、城がある青の海周辺は気候が穏やか(やや涼しめだけど、年間通して気温の変化が少ない)なイメージです。砂嵐の影響がなかったフエもそう。フエの関周りの岩壁が風を防いでいる?




【青のお城の身長測定(嘘)

 再々申し上げて鬱陶しいとは思いますが(汗)、公式様の設定は一切不明ですし、何かヒントになるもの・数値が換算できるものがあるわけではありません。この数値は本当に、想像でしかありません。ただの萌え語りです。(真顔)
 主に集合絵を見て設定しています。私は身長の「数値」に萌えるというより、「差」に萌えを感じている方なので、必ず語尾に「(くらい)」がつくと思ってください。My設定するクセにこのいい加減さェ……。


果心居士:142cm
天下丸:144cm
わかな姫:149cm
レン先生:157cm
主人公(男女共):160cm
かぐら:163~5cm
ジュウベエ:170cm
ヤミの右近:178cm
水月:183cm
ジャッジ:195cm
ガラシャ:230cm
ゲド:260cm



 あれっ、ジュウベエちょっと低くね? っていうくらいが理想です。(※超個人的趣味で)
 鍛えてはいますがガチムチではなく、肩幅は狭めな中肉中背のスジ筋という印象。ただしニンジャゆえ手と足は物凄く鍛えているので、そこはかなりガッシリしていて水月よりも大きい。手首足首も太め(縄抜けのためでもあったり)。……――という妄想全開でした失礼しました。(痛)
 どちらにしてもジュウベエが体格的に控えめなのは、やっぱり「ニンジャ」という職だからだと思います(後述参照)。だとしたら設定が相変わらず細かい。

 水月は細身で、体格的にはヤミの右近の方がガッシリしてる印象です。……相変わらず私の中の水月さんはどんだけひ弱なの……。いや、ヤミの右近さんが強すぎるだけです。彼女は脚が長いイメージ。
 水月はバブル期に流行った所謂「三高」の条件見事に満たしてますね。高学歴、高収入、高身長。しかもイケメンだし仕事できるし性格も真面目で純粋で優しいという申し分のなさ。何なのこの人……。(笑)


 かぐらはプロポーションがいいといいますか、全体的なバランスが絶妙、というイメージです。すらっとしてるけひ弱な印象がなくて、どう表現したらいいのか――ぱりっとしてる?(表現力ェ…) 踊っている時に見栄えがいい。
 彼女は自分の体格にコンプレックスを抱いているわけじゃなく、鍛えただけにむしろ自信持ってるくらいですけど、無意識に並んだ時のバランスを思って、男性は長身が好みだと面白い。ジュウベエくらいではちょっと足りない。男主人公は……頑張れ。(笑)

 成長速度の差で、十代の男の子が同じ年頃の女の子より背が低い、というのが個人的な萌えポイントです。鬼の一族は結構大柄になる種族というイメージです(女性モブも背高いですよね)。天下丸も15歳あたりからガンガン伸びそう。
 男主はアンテナ伸ばして「全長、170センチ!!」とか言ってたら面白い( ど こ の 錬 金 術 師 だ )。本人は現在の自分の身長が不満だったら可愛い。この先成長期がきてグンと伸びてもいいし、小柄のままでもいい。そこは各プレイヤーの以下略。


 マ界の方々は比較ができないので何とも言えませんが、コクヨウ仮面は間違いなくガッシリ長身大柄かと。カーラも女性の内では長身なイメージ。モデルみたいな。
 メディックスは小柄。もしかしたら青の一族や、それに連なる者は結構小柄なのかもしれない。天帝も。ソフトバンク版の攻略本に載っているカナイの大神官のイラストは、結構細面だし。としたら男主人公……ドンマイだ。(汗)
 マ法院はスラッと長身でも、小柄で華奢でも、どっちでもアリです。実は身長も密かなコンプレックスのうちで、コクヨウや水月、百鬼中将など背の高い者を自分の支配下に置くことで優越感を得ているとしたらなんか可愛い。(笑)


 関係ないですが、『忍者図鑑』(黒井宏光)によると体重が米俵1俵(約60キロ)以上になると忍者に向いてないとされてたらしいです。当時の日本人の体格と、忍者の食生活を考えるとそこまで無茶な制限ではないですが、身軽に保ちつつ鍛えつつって大変そうだ……。ガッチリした大男は目立つので、いかり肩になったり骨盤が出っ張ったりしないよう体型づくりにも気を使ったとのこと。
 握力は凄くて、親指と人差し指の挟む力だけでぶら下がることができたとか。(それができるよう、体重を軽くしているというのもあります)
 しかしこの本……「現代に生き残っている忍者」の方を取材して書かれたらしく、『万川集海』等の文献にも残っていないようなわりと具体的な情報まで載っているから凄いです。そのへん「信じるか信じないかはあなた次第です」という印象も受けるかもしれませんが、とにかく子供向けとは思えないほど濃厚な内容です。




オマケ:『何』とは言わんが……ランキング】

レン先生>マーヤ>カーラ>ヤミの右近>おぼろ式部>ビタ>リレイ>モーリ>コハク>女主人公>かぐら=スナヨミ>わかな姫

 多くのキャラが着物着込んでラインがわかりにくいので、ただの邪な想像です(殴)。皆様の中で「譲れないもの」があるなら、絶対に譲らないでやってください。女主人公についてはあくまでイラスト基準で見ただけですが、特にアオイは「大きい方が好き」というファンが多い気がするので。それはそれでアリです。要するにただの邪な以下略
 何だろう……ガラ国の女性は「大きい」イメージがあります。南国だから?(どういう偏見)
 ヤミの右近以上が「大きい」方で、コハク以降が「小さい」方。わかな姫はその……お父さんの年齢から、察してあげてください。(汗)
 とりあえず私は女性陣に殴られればいいと思います。どうもすみませんでした。(土下座)
 そしてどちらかといえば私は、女性キャラに対しては下半身フェチである。尻とか太ももとか。上位三人と、おぼろ式部、モーリ、女主人公が安産型希望。ことこちら側では女主人公が最強。…………いやもうホント、どうもすみませんでした。(土下座②) スパッツはけしからんと思う。




【脳内再生声】
 
 青天キャラに「声優さんを当ててみる」というのは、十年ほど前にもしたことありますね……。あの時とは結構変わっていたりします。知っている声優さんや、イメージの引き出しが増えたりして。
 「CV希望」とは正確には違います。ゲーム、特にRPGにはそれほど強く「ボイス」を求める方ではないので(もちろんついてたらついてたでその要素も大いに楽しむので、単にこだわりがないだけ)。あくまで「自分の中で再生されている脳内イメージに、声優さんで例えるなら誰が一番近いかな」というだけです。希望……というよりは「私の中はこんなふうに聴こえている」を文字情報で伝えるためなので、むしろ「皆様の中ではどうなんだろう?」と気になっている次第でございます。
 譲れないこだわりがあったり、勝手な想像に嫌悪を抱かれる方は、ご注意ください。

 こういった話が平気な方は、追記からどうぞ。
 ……ちなみに、声優さんにはあまり詳しくないので、色々偏っているのはどうかお許しくださいませ。(汗)

拍手[2回]





[青の城陣営] ※敬称略
男主人公 : 高 山 み な み or 森 田 成 一
女主人公 : 白 石 涼 子 or 山 崎 和 佳 奈
レン先生 : ゆ き の さ つ き
ガラシャ : 稲 田 徹
天下丸 : 山 口 勝 平
ジュウベエ : 緑 川 光
ヤミの右近 : 高 山 み な み
わかな姫 : 林 原 め ぐ み
ジャッジ : 大 泉 洋
果心居士 : 佐 藤 正 治
かぐら : 豊 口 め ぐ み
水月 : 宮 田 幸 季
ゲド : 小 山 力 也


 主人公は私の中で性格が定まっていないので、その時のノリによってイメージが変わってます。男主はシリアス寄りなら高山さん、強気元気わんぱく少年寄りなら森田さん。女主はややあどけない感じを残すなら白石さん、少し大人っぽくするなら山崎さん。
 ヤミの右近でまた高山さんの名前が出てますが、高山さんは少年役もいいですが、女性役の時の声も好きです。
 天下丸とジャッジに趣味出てる感が否めないですが、このキャスティング(?)だけは十年前からずっと変わってないので……お許しください。もう他に思いつかないくらい(※自分の中で)ハマってしまっている。
 ジュウベエはDB改の天津飯……よりもさらに少し低めなイメージ。人造人間16号との間くらい? 緑川さんは軟派な甘い声から、重厚感のある低い声、マスコット的な高音まで出せる幅の広さが魅力。ジュウベエは熱入る時と冷静な時で、結構音声の起伏が激しいイメージなので。イイ歳はしてるけど(※年齢不詳)、どこか青臭さも残してる若者。
 水月はなかなか決まらなくて、石田さんとごく最近まで悩んでたんですが、百花百狼の徳川家康の声を聴いた時が決定打となりました。そんな超個人的タイムリー。


[マ界陣営] ※敬称略
マ法院 静 : 置 鮎 龍 太 郎
メディックス : 立 木 文 彦
コクヨウ仮面 : 諏 訪 部 順 一
おぼろ式部 : 皆 川 純 子
スナヨミ : 日 高 の り 子
百鬼中将 : 三 宅 健 太
カーラ : 朴 ロ 美 
(ロの字は→「璐」です)
ワン・イーワン : 堀 川 り ょ う
コハク : 能 登 麻 美 子


 マ法院様も趣味出てますね……。でもこれも十年前から以下略。(苦笑)
 メディックスに立木さんの声は最初ちょっと重々しいかなと思ったんですが、正体現わして恨み辛みを爆発させた時、「さあ 世界のおわりの はじまりだ!」「やつら 青のいちぞくが のぞんだことだ やつらのために やったことだ!」等の台詞を脳内再生してみた時、このくらいドシンと重いのが胸に響く気がしまして。通常時も「しらぬほうが よいこと みつけださぬが よいこと」「姫には それが おわかりか?」等、この声でより底の見えない感が増す気がします。
 スナヨミはマ法院の前では南ちゃん並みのお淑やかな少女の声で、水月の前では犬夜叉の桔梗ばりに豹変してほしい。私の中では日高さんは桔梗のイメージが強いです。気合入れて演じたら、あまりの怖さにスタジオの空気2℃下げたとかいう伝説があったり。(笑)
 ワンはシンケンジャーに出て来る怪人・筋殻アクマロのイメージで。……やや前の作品なんで、わかる人いるんだろうか(汗)。あの余裕綽々でちょっといやらしい公家言葉が凄く好きでした。そういえばカーラの朴さんも薄皮太夫のイメージから来たのかもしれないです。


[一部サブキャラクター] ※敬称略
ハンゾウ : 中 田 譲 治
ニンジャマスター : 大 川 透
バライル王 : ま る た ま り
エチナ : 緒 方 賢 一
ロータス王 : て ら そ ま ま さ き
ビタ : 小 清 水 亜 美
コノハナ神社の神主 : 石 川 英 郎
ニライの神官 : 大 塚 芳 忠


 全員でなくてすみません。すぐパッと思いつける方々だけ。
 ハンゾウ様とニンジャマスターはハイ……やっぱり趣味が出てますね(汗)。大川さんの声は「大人の男性」という感じでカッコいいんだけど、色気が出すぎないといいますか、「カッコ良すぎない」感じがとても好きなんです。あとやっぱり声色の幅が広いというのもいい。マスターさん、最後には取り乱すので。(笑)
 ビタは年齢よりもかなり大人っぽい声というイメージがあります。
 バライル王、実は忍たま低学年組の声を一人一人(ドラマCDで)聴きながら想像していきました(笑)。声変わりしたら爽やか好青年ボイスになるに違いない。




 以上です。
 いつも以上に妄想力全開でお恥ずかしい語りに、ここまでお付き合いくださいまして、まことにありがとうございました。

 勝手に引き合いに出させていただいた声優さん方には申し訳なく思いますが(汗)、頭の……頭の中のことだけなので……ッ。(汗々)
 はい、とても……楽しかったです。一度、自分内でまとめてみたかったんです……。この手のことは考える人は考えてみることだろうとも思いますので「禁断」というほどでもないですが、ここまでぶっちゃけた(?)脳内を曝け出すのは今年最初で最後になると思います。多分。きっと。(おい)

 最初に申し上げた通り、皆様には皆様のイメージがあるかと思います。共通してたらしてたでガッツポーズですし、違ってたら違ってたで「そう来たかー」とむしろ脳内再生してみたい。普段あまり言葉(文字)には表現できないことなんでより気になるという、いやらしい果物であります(殴)

【21日追記】
 そういえば昔この手の話題が上った時、2~3人の方が「水月は緑川さん」と言われていた記憶があります。甘めの紳士系ボイスかなと。あと 野 島 健 児 さんとも。声を聴いてみたら、なるほどなぁと。私の中ではやや中性的な、高めの声のイメージがあって宮田さんを選んだのですが、他の方はもうちょっと低めな印象を持っているのかしら。――と、そのあたりを考えるだけでも楽しいです(笑)
 あと、かぐらの声は、私の中で「強気」「おてんば」「十代の女の子」を意識すると豊口さんのイメージなんですが、もうちょっと大人寄りにするなら、以前は 桑 島 法 子 さんも考えてました。犬夜叉の珊瑚とイメージが近いからですかね。強気だけど純情なところがあって、潔癖でツンデレ。――と、そのあたりを考えるだけでも(略)


【02/03追記】
 一人で好き勝手盛り上がってたところ、とまこ様がこちら(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6331946)で乗ってくださいました。ありがとうございました!
PR


追記を閉じる▲




[青の城陣営] ※敬称略
男主人公 : 高 山 み な み or 森 田 成 一
女主人公 : 白 石 涼 子 or 山 崎 和 佳 奈
レン先生 : ゆ き の さ つ き
ガラシャ : 稲 田 徹
天下丸 : 山 口 勝 平
ジュウベエ : 緑 川 光
ヤミの右近 : 高 山 み な み
わかな姫 : 林 原 め ぐ み
ジャッジ : 大 泉 洋
果心居士 : 佐 藤 正 治
かぐら : 豊 口 め ぐ み
水月 : 宮 田 幸 季
ゲド : 小 山 力 也


 主人公は私の中で性格が定まっていないので、その時のノリによってイメージが変わってます。男主はシリアス寄りなら高山さん、強気元気わんぱく少年寄りなら森田さん。女主はややあどけない感じを残すなら白石さん、少し大人っぽくするなら山崎さん。
 ヤミの右近でまた高山さんの名前が出てますが、高山さんは少年役もいいですが、女性役の時の声も好きです。
 天下丸とジャッジに趣味出てる感が否めないですが、このキャスティング(?)だけは十年前からずっと変わってないので……お許しください。もう他に思いつかないくらい(※自分の中で)ハマってしまっている。
 ジュウベエはDB改の天津飯……よりもさらに少し低めなイメージ。人造人間16号との間くらい? 緑川さんは軟派な甘い声から、重厚感のある低い声、マスコット的な高音まで出せる幅の広さが魅力。ジュウベエは熱入る時と冷静な時で、結構音声の起伏が激しいイメージなので。イイ歳はしてるけど(※年齢不詳)、どこか青臭さも残してる若者。
 水月はなかなか決まらなくて、石田さんとごく最近まで悩んでたんですが、百花百狼の徳川家康の声を聴いた時が決定打となりました。そんな超個人的タイムリー。


[マ界陣営] ※敬称略
マ法院 静 : 置 鮎 龍 太 郎
メディックス : 立 木 文 彦
コクヨウ仮面 : 諏 訪 部 順 一
おぼろ式部 : 皆 川 純 子
スナヨミ : 日 高 の り 子
百鬼中将 : 三 宅 健 太
カーラ : 朴 ロ 美 
(ロの字は→「璐」です)
ワン・イーワン : 堀 川 り ょ う
コハク : 能 登 麻 美 子


 マ法院様も趣味出てますね……。でもこれも十年前から以下略。(苦笑)
 メディックスに立木さんの声は最初ちょっと重々しいかなと思ったんですが、正体現わして恨み辛みを爆発させた時、「さあ 世界のおわりの はじまりだ!」「やつら 青のいちぞくが のぞんだことだ やつらのために やったことだ!」等の台詞を脳内再生してみた時、このくらいドシンと重いのが胸に響く気がしまして。通常時も「しらぬほうが よいこと みつけださぬが よいこと」「姫には それが おわかりか?」等、この声でより底の見えない感が増す気がします。
 スナヨミはマ法院の前では南ちゃん並みのお淑やかな少女の声で、水月の前では犬夜叉の桔梗ばりに豹変してほしい。私の中では日高さんは桔梗のイメージが強いです。気合入れて演じたら、あまりの怖さにスタジオの空気2℃下げたとかいう伝説があったり。(笑)
 ワンはシンケンジャーに出て来る怪人・筋殻アクマロのイメージで。……やや前の作品なんで、わかる人いるんだろうか(汗)。あの余裕綽々でちょっといやらしい公家言葉が凄く好きでした。そういえばカーラの朴さんも薄皮太夫のイメージから来たのかもしれないです。


[一部サブキャラクター] ※敬称略
ハンゾウ : 中 田 譲 治
ニンジャマスター : 大 川 透
バライル王 : ま る た ま り
エチナ : 緒 方 賢 一
ロータス王 : て ら そ ま ま さ き
ビタ : 小 清 水 亜 美
コノハナ神社の神主 : 石 川 英 郎
ニライの神官 : 大 塚 芳 忠


 全員でなくてすみません。すぐパッと思いつける方々だけ。
 ハンゾウ様とニンジャマスターはハイ……やっぱり趣味が出てますね(汗)。大川さんの声は「大人の男性」という感じでカッコいいんだけど、色気が出すぎないといいますか、「カッコ良すぎない」感じがとても好きなんです。あとやっぱり声色の幅が広いというのもいい。マスターさん、最後には取り乱すので。(笑)
 ビタは年齢よりもかなり大人っぽい声というイメージがあります。
 バライル王、実は忍たま低学年組の声を一人一人(ドラマCDで)聴きながら想像していきました(笑)。声変わりしたら爽やか好青年ボイスになるに違いない。




 以上です。
 いつも以上に妄想力全開でお恥ずかしい語りに、ここまでお付き合いくださいまして、まことにありがとうございました。

 勝手に引き合いに出させていただいた声優さん方には申し訳なく思いますが(汗)、頭の……頭の中のことだけなので……ッ。(汗々)
 はい、とても……楽しかったです。一度、自分内でまとめてみたかったんです……。この手のことは考える人は考えてみることだろうとも思いますので「禁断」というほどでもないですが、ここまでぶっちゃけた(?)脳内を曝け出すのは今年最初で最後になると思います。多分。きっと。(おい)

 最初に申し上げた通り、皆様には皆様のイメージがあるかと思います。共通してたらしてたでガッツポーズですし、違ってたら違ってたで「そう来たかー」とむしろ脳内再生してみたい。普段あまり言葉(文字)には表現できないことなんでより気になるという、いやらしい果物であります(殴)

【21日追記】
 そういえば昔この手の話題が上った時、2~3人の方が「水月は緑川さん」と言われていた記憶があります。甘めの紳士系ボイスかなと。あと 野 島 健 児 さんとも。声を聴いてみたら、なるほどなぁと。私の中ではやや中性的な、高めの声のイメージがあって宮田さんを選んだのですが、他の方はもうちょっと低めな印象を持っているのかしら。――と、そのあたりを考えるだけでも楽しいです(笑)
 あと、かぐらの声は、私の中で「強気」「おてんば」「十代の女の子」を意識すると豊口さんのイメージなんですが、もうちょっと大人寄りにするなら、以前は 桑 島 法 子 さんも考えてました。犬夜叉の珊瑚とイメージが近いからですかね。強気だけど純情なところがあって、潔癖でツンデレ。――と、そのあたりを考えるだけでも(略)


【02/03追記】
 一人で好き勝手盛り上がってたところ、とまこ様がこちら(http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6331946)で乗ってくださいました。ありがとうございました!
PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック