忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


…………深い意味はないです。PS2版プレイ当時、同時期に青天にもハマってたんで、主人公デフォ名交換して遊んでいました。そんなことを思い出しながらプレイしてますドラクエ8リメイク。

 いまだにドニの金スラが見つからない果物ですこんにちは。そこらのダンジョンよりよっぽどダンジョンなサザンビーク城のすら全部見つけたというのに。あんな城で働いてたら私は毎日迷子です。
 DQ8がまたそこそこ進んだのでプレイ記。その前に、ちょろっと(※文章量的には正直「ちょろっと」ではない)青天の……というか、二次創作的な話。
 このブログが同人ネタじゃなかった日はないのですが、同人ネタが苦手な方は以下、大変痛々しいのでご注意ください。


* * * * * * * * * *

 まあ、その、なんですか。女の子の片想いが、好きなんだと思います。――と、私はいきなり何を言い出すんだと自分でも。(困惑)
 もちろん両想いも好きですし全力でそれを目指すのだけど、中身は男→←←←←←女くらいの勢いが良いといいますか(勢い余って空振ってすっ転びがちですがヤンデレではないです)、いざ自分が書いてみるとなんか……なんかそうなってしまう。どうも男心が書き出しにくいというのは、私の女子力の低さが問題だとして(orz)、根底には恋する女の子が見せる強さとか弱さとか激しさとか純だけど薄暗いところもある複雑なアレコレが好きなのかなと。

 男が別のことに一生懸命で(そこがいいんですけど)、振り向いてもらえなくても一途に想い想い続けて喰らい付いて(!?)最終的に「メルヘーンゲーーット!! しゃーんなろー!!」と男の方をお姫様抱っこする勢いで心ごと掻っ攫って行くのが理想です。 (  ど  ん  な  だ  ) サクラちゃんヒナタちゃん本当におめでとうございます。……私の中の元祖「女の子の片想い萌え」と「怪力少女萌え」は春野サクラから始まった気がします。そのうち(殴)ちゃんと全巻読みます。
 …………他人様のを読む分・語る分にはともかく、自分がこういう乙女ちっくな、少女漫画ちっくな話をすると、自分が自分で恥ずかしくて死にそうなのですけど。(滝汗)

 何が言いたいのかというと、かぐら→水月はすんなり書けるんですが、何をどうしたら水月×かぐらになるのかさっぱりわかりませんということで。
 いえ、誤解しないでいただきたいのは、水かぐが駄目ということは全然まったくないです。本当に。他人様が描かれるものは大変美味しくいただけます。

 最大の問題は私が十年経った今でも水月のキャラを掴み切れてないせいなんだと思います。水月に性的なイメージがなさすぎて、どうやったら恋できるのかわからない。でもあんまり性的になると潔癖なかぐらには却って引かれそうな感がするし……そ、そのあたりの差引きが難しすぎて、脳内汚れきった自分ではどうにもこうにも踏み出しにくい聖域(?)というか高嶺の花(?)です。
  うーん。仮面ライダー○○○で言う映司と比奈みたいな、仲はいいけどラブかライクか不明瞭な位置? スパヒロ大戦で恋人かと茶化された時「お、俺と比奈ちゃんは何というか、プラトニックな関係で(照)」という発言もありましたが。(思いつかないあまり例えがマイナーすぎてすみません)
   しかしこのあたりは某様とか某様がしっかりばっちり描いてくださるので、私なんぞが無い頭こねくり回して無理矢理強引に書こうとしなくても、別にいいかなということで現状からなかなか進みませんすみません。もう他人様が描かれるものは大変美味しく(略)
 ……いや私は何の話を。(困惑②)

 先日のドラマ『陰陽師』を観てたら、その影響か無性に妖怪退治モノが書きたくなったので、DQ8もプレイしつつ書きかけてるものをぼちぼち進めてます。書く書く詐欺にもほどがあるので今のところは「ぼちぼち」としか言いようがありません本当にごめんなさい(土下座)。色々なこと同時進行してると、ちょっと久々に言いたくなる。精神と時の部屋ください。
 武と智のバディ物は好きなんですが、かぐらとジュウベエという組み合わせだと武と武みたいになって、あり……? と。ジュウベエはともかく、かぐらが武一辺倒でないことは存じていますが、いかんせんゲームの印象が強くて、どうしても女子力(物理)になりがちなのは「攻撃を上げて物理で殴ればいい」というプレイヤーの問題。陰陽師というか、水戸黄門の第一話と特撮ヒーロー物が混ざったような方向(意味不明)になっていくんですがどうすれば。げ、解せぬ……。
 あと某様のニンジャマスター氏にも惚れてまったと言いますか、「エスパーか」と思うほど自分の中のイメージと合致しすぎていたんで、無性にニンジャネタも書きたい今日この頃。これはもういよいよただ趣味につっ走るだけなんですが。妄想逞しく痛々しいのもヲタとしては本望。

 ……いや本当に私は何の話を。(困惑③)
 ここまでお付き合いくださって、ありがとうございました。

* * * * * * * * * *


 以下、3DS版DQ8のプレイ記(というかただの語りが多い)です。
 ストーリーのネタバレはしていない(つもり)ですが、世界観関係やシステム周りについては大っぴらに書いてしまっているので、そういったネタバレも駄目な方はご注意ください。

 それにしても3DSで何が良かったって下画面に地図と現在位置が表示されるところです。おかげさまでこのゲームでも現実でも超絶方向音痴な私も、フィールドやダンジョンで迷子にならなくて、格段に楽になりました。



 船入手後、何はともあれ真っ先に行ったのはサヴェッラ大聖堂、聖地ゴルドと聖地巡礼です。巡礼というか、一般人モブと同じくただの観光なんですけど。ドルマゲスおじさん追う気ないですコイツ。
 そしてこの二ヵ所、宿代が極端に高いんですよ。さすが観光地といいますか、さすがDQ8教会といいますか。謎のリアリティ。でも海辺の教会みたいな、最高の利便性と善良性を持つ場所もあるので、文句は言えない。

 世界の中心にゴルド、その真北にサヴェッラ。間にマイエラ。三大聖地と呼ばれてます。
 法皇が住まうサヴェッラ大聖堂はDQ8教会組織の総本山、巨大な女神像がある聖地ゴルドは信仰の発祥の地、と考えればいいのですかね? その土地の環境の影響もありますが、雰囲気はかなり違いますけども。
 サヴェッラはその世界の最高の技術を結集した、人工建築物中心の地。ゴルドは現実世界で例えると、バーミヤン渓谷とかぺトラ遺跡みたいな(※私の知識でパッと思いつける限界)、岩壁なんかを利用した自然の景観を損なわない造りの町。


 サヴェッラ大聖堂はノートルダム大聖堂の特徴持ってますね。こういった宗教建築には詳しくないので何とも言えませんが、DQ8世界は女神信仰だから、そこからイメージされたのでしょうか。
 あの昇降板だけ異質な感じがするんですね。浮遊する石のプレート自体は、ダンジョンの仕掛けと同じく「魔法」ということで不思議でも何でもないのですが、問題はガラス張りの筒状のトンネル(?)の方なんだと思います。あの世界観の技術でああいう形状のガラスが造れるのか、と思っちゃう。ちょっとSFっぽい風味がするので、異質感があるんでしょうか。

 DQ8世界の人気ナンバー1観光地らしい。私もイベント云々差し引いても、一番サヴェッラが好きかもしれないです(生活感と歴史とその他諸々生々しいモノを感じるマイエラ修道院も捨てがたいですけど……!)。大聖堂もさることながら、周辺の自然の情景もいい。青っぽい岩肌と、エメラルドっぽい緑の草地や針葉樹林と、青空のコントラストが絶景。
 大聖堂のステンドグラス職人さんは本気出し過ぎです。というか建物のデザイナーさんとCG職人さんが本気出し過ぎです。夜は消灯されるので、月明かりが窓から差し込んでこれまた綺麗……――と、こんなことばっかしてるからプレイ時間が延びに延びてトロデ王に「ワシらを元に戻す気ないじゃろ」と嫌味言われるんだぜ。


 気がつけばこの二ヵ所の写真だけで40枚越えてた私は周りの一般人モブと一緒で、本当にただの観光客でした。撮り過ぎ。現実世界の観光地だってこんなに撮らない。
 某キャラに「物見遊山」とか「気楽な旅人」とか思いっきりチクチク言われましたが、正直、言い返せないと思いました。

ヤンガス・サヴェッラにて
「ははぁ……。へぇー……。ほー……。そこらの お城より 立派な建物でがす。なんていうか……はぁー……。」

ゼシカ・ゴルドにて
「あれが 聖地ゴルドの女神様……。…………。なんていうか…… こう どう言ったらいいのか……。うわーーーっ!! ……って 感じ。うん。」


 この二人の反応が、本当に観光客くさくて好きです。私もその場にいたら多分そんな反応(笑)。ゼシカの感想、率直で可愛いですけど、さすが魔法使いの血と言いますか、結構鋭いことも言ってます。夜とか。……何のこととは言いませんが。
 ちなみに腐っても聖職者・ククールさんはちゃんと聖地について解説してくれますが、教会関係の所では大変不機嫌になりますね。いわんや、その後のイベントでは以下略。ごめんよ……でもこのために船入手後、真っ先にやって来たんだよ……。(煩悩)



カネの貯めすぎは 不幸の始まり。 トロデーン会報誌 秋号に 常連の Mさんが そう投稿しとったぞ。」

 まだPS2版でしか確認できていませんが、「せんれき」のトロデ王のコメントにて。
 ……ひょっとしてこの「Mさん」って某騎士団長殿のことですか? だとしたら過去が過去なだけにとても団長殿っぽいというか、さすが修道士のへそくりまでチェックして回るほどの悪徳財務会計員なだけあるというか、別大陸の雑誌なはずのトロデーン会報誌をわざわざ定期購読している上に投稿常連者なのかというか、とにかく色々なツッコミが止まりません。(笑)

 しかしドニ領主が亡くなったおりに、トロデ王も献花したと言いますから、案外マイエラ地方とトロデーンの関係は深いのかもしれない? ……それとこれとは関係ないと思いますええ。
 確かにMさん(仮)はカネはがめつく集めますが、集めたカネは(それはもう効果的に)バンバン使っていく主義ですからね。皮肉ですが、ここで父親のDNAが生きている感。


 とにかく「なかま」コマンドが大好きです。キャラの色々な一面を見ることができるし、主人公(プレイヤー)の奇怪な行動にツッコミくれるし、本当に「一緒に旅してる」という感じで、楽しくてしょうがない。
 船入手後~西の大陸は仲間としての絆も深まって来てるのか、あちらこちらでコントが始まって、いちいち目が離せません。
 
「やっぱり おっさんを 人目のつくところに 置いとくのは マズイでがすよ。アッシらの旅にとって デメリットにしかならねえでげす。」
「なんじゃと こらぁ! 人を汚物みたいに 言いおって。」

「王子様っていうからには 勇敢で 人望にあつい人を 想像していたんだけどね……。」
「そりゃ またベタでがすな。」
「しかも チャゴス だもんね。名前まで パッとしないなんて……。」
「おいおい。それは関係ねーだろ。名前にまで 罪はないと思うぞ。」

「兄貴が 一緒にやってくれるなら また山賊になるのも いいでがすな。」
「やめなさいよ ヤンガス。テンランを 悪の道に引きこまないで。だいたい 山賊なんて犯罪者でしょうが。」
「それは 偏見でがす! 職業に対する 差別でがすよ!」
「山賊って 職業か……?」

「ドルマゲスが 向かった先には ワナがしかけられてるかもしれない……。」
「待ち伏せしている 魔物が 歓迎パーティーでもしてくれるとか? へへっ 受けて立つでがすよ。」
「そうね。クラッカーとか鳴らして お祝いされたり 花束なんか わたされたりしてね。」
「ちゃかすなよ。頼むから まじめに考えてくれ……。」


 ごくごく一部です。大体は天然なヤンガスとシニカルなククールが悪ノリして、トロデかゼシカがツッコんでコントが閉められることが多いですが、こんなふうにククールがツッコミ役になることも。「どこがだよ。てゆーか 馬と人間じゃ結婚できんだろ!」のやりとりも好きです。


「とりあえず 拝んどくのが 大人の常識でげす。 なんまいだー なんまいだー。

 このヤンガスの台詞、「なんまいだー」が「おお神よー」に変更されてましたね。『あるきかた』でもツッコまれていましたが、確かにあの世界観で「なんまいだー」は無いとはいえ、こういうコメディ的な発言もいちいちチェックされているんだから細かい。
 私自身、PS2版の「なかま」コマンドの台詞を全部把握できているわけではないので、どの部分がどれだけ変更されたかわかりませんが。しかも今回は仲間が増えるじゃないですか。どんな新たなやりとりが見られるのか、それだけでも楽しみです。
 しかしこんなことばっか見てるからプレイ時間が(略)

 「なかま」「せんれき」コマンドは任意ですから、プレイヤーによっては全然見ない人もいるだろうし、なのにこれだけ細かく膨大な量の台詞パターンを用意した気合が凄い。無駄かもしれないところまできっちり書き込んでおく、そういうのがRPG世界の深味になるんですよね。
 GBAの容量では厳しいと思いますが、オリエンタルブルーにもこれ欲しかったなー……と、贅沢なというか、今となっては誰も叶えられない欲望だけひっそりこっそり垂れ流しておきます。(真顔)



 しかし船手に入れた途端、ドルマゲスおじさん追うのも忘れて世界観光ばっかしているようですが、あの、一応、これでも、ちゃんとシナリオも進行させてます。(……)
 ネタバレはできないのでさらっと言うと、王家の山のイベント終えて次のダンジョンに向けて準備を完了させたところです。
 現在のパーティーのステータス。

■主人公 Lv31
装備:英雄のヤリ、プラチナメイル、まほうの盾、プラチナヘッド、ごうけつのうでわ
スキル:ヤリ77、ゆうき45

■ヤンガス Lv30
装備:さんぞくのオノ、バンデットメイル、はがねの盾、てっかめん、パワーベルト
スキル:オノ85、鎌22、にんじょう8

■ゼシカ Lv29
装備:まふうじの杖、まほうの法衣、ホワイトシールド、インテリハット、インテリめがね
スキル:杖80、おいろけ20

■ククール Lv29
装備:しっぷうのレイピア、まほうのよろい、まほうの盾、インテリハット、パワーベルト
スキル:剣82、杖28、カリスマ3

 ただいまの戦歴はこんな感じです。

トロデ王のコメント
「そんなに 慎重にならんでも ムリがきくくらいの 実力はある。そろそろ 先を急いではどうじゃ?」


 ……本っっっ当に、そうですね。(汗)
 少なくともPS2版の場合、このプレイ時間このレベルならサクサク進める人はとっくにEDまで行けてます。いかに私がダラダラ旅しているかわかるかと思います。RPGは寄り道してこそナンボ。PS2版初回クリアに70時間かかった私をナメてはいけません。(開き直りにもほどがある)
 こんなのんびり調子だと、果たして『薄桜鬼 真改』発売までにクリア&追加シナリオまで網羅できるのだろうか……。



 モンスターバトルロードも進めるだけ進めました。

 ランクG~Dはでんすけ、ドランゴ、ゴムレスでクリア。
 ランクCはでんすけ、ドランゴ、クラークでクリア。
 ランクBはアポロン、だんきち、モヒカンでクリア。
 ランクAはアポロン、ハルク、リーでクリアしました。


 ……――と、あっさり書きましたが、シナリオ進行度がこの段階で「最難関」と言われるランクBがクリアできて自分で驚いています。
 このメンツだと、だんきちのバイキルトとモヒカンのベホマラーが相当いいタイミングで効いてくれなければ、初戦ですら突破できない。とにかく初戦が一番キツくて、ここを如何に五体満足で乗り切るかがポイントなんだと思います。ポイントというか、こちらはモンスターたちのAI行動を見守るしかないのですけども。ドラゴンブッシュがもうイヤでイヤで……。

 PS2版でもランクBの難関っぷり(あくまでシナリオ進行度がこの段階で、での話ですが)は有名でしたが、当時の私は60回ほど挑戦して諦めました。かなりの運が要求されるので、実際は100回そこらの挑戦では突破できないそうです。
 なんと今回は37回の挑戦でクリアできました! この段階でランクB突破は初めてです。という謎の感動。
 もしかしたらリメイクにあたって調整されている可能性があるからかもしれませんが、負ける時は本当に手も足も出なかったので、やっぱり相当運が良かったのだと思います。


 ランクBさえ突破できれば超強力モンスターがスカウトできるので、Aは簡単なんですよね。ハルクとリーの有能っぷりは反則だと思いますありがとうございます。
 このメンツならランクSも突破可能ですが、なんと今回はシナリオがある程度進まないと挑戦できないらしく。……もしかして、某キャラの加入に関わって来るからかな、と思いました。この方の加入はいつでも結構なのですが、ハッキリ言って、ドラゴンローブが欲しかった……。

 ただ、シナリオ進行度がこの段階でランクB以上をクリアしてしまうと、ゲームバランスが破壊されるほどこちらの攻撃手段が強力になってしまうんですよね。だからランクBがあれだけ難しく設定されているわけですが。(でもまったく不可能でもない。このあたり本当に絶妙な調整です……)
 いくら安全に安全を上乗せするぬるゲーマーの私でも、さすがにチーム呼びは自粛してます(汗)。ただでさえ人間パーティーも高レベルすぎるのに。こういうのは低レベルクリア目指す人が頑張るものなんですけど……。でも十年前からの憧れだったんです。この時点でのランクB突破。

 ちなみに、チーム名はてつわんDASHと『ひっさつしごとにんです。……何も言わないでやってください。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック