忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『本気』でやるとしたらRPGですが、本読む感覚ぐらいでは乙女ゲーム。
ひと息つけたのでちょっと何も考えなくていいゲームがしたいなーということで、ここは乙女ゲームの気分!と少し前に購入していた『葵座異聞録』プレイしました。
大分前の乙女ゲームです。B's-LOGずっと読み続けているはずなのに全然知らないなぁ……ということで完全にパケ買いです。(直感でゲーム買うのはいつものことですが)


やってる途中にPSPの電力が尽きて、まだクリアできてないのでハッキリ評価はできませんが……予想以上に私好みでした。
いやその、和風系いいなーとパケ買いしたとはいえ、名も聞かないタイトルでしたし中古ではないですがセール品でかなり安く買ったので内容には正直あんまり期待はしていませんでした。(それでも直感買いするという私の謎)
いい意味で裏切られました。

まず和風ファンタジー。まあこれはパッケージで分かるのですが加えて、妖怪(ではないですがその手の)退治物!冒険活劇!私の好物です。ウマウマ
あと、最初はシリアスしっとり系かと思いきや、結構快活なノリ(ギャグというわけではなく、お茶の間時代劇のような小気味の良いテンポ)で肩がこらなくていい。
なんかこう、乙女ゲームではあるんですけどキラキラシャランのような(擬音で現されても)少女漫画みたいじゃなくて、ストーリー重視の女性向け少年漫画か女性向け小説みたいな。
毎度毎度の『変身』デモは笑えるけどもハッキリ言って私のヲタ心をくすぐってなりません。(笑)
あと、個人的に感じたところでは凄く画面が綺麗というわけではないですが、いろいろ効果とかが細かくて、丁寧だなというか結構こだわってるなぁと感じます。独特の雰囲気なんですよね。

糖度は……まだ最後までいってないので結果どのくらいか分かりませんが、この手のノリだと乙女ゲームの中では甘さ控え目の分類かと。遙かみたいに歯は浮かない。
糖度を優先していないところが個人的には好きですけどもね。だからこそあの不意打ちには頭パーンしました。(笑)
えっ、まさかもうこのタイミングで!?と。所謂「ルート一本」(最初に選択してそれで確定)なのでなせる技ですね。


そして、キャラクターですが。最初の印象ではメイン攻略陣にはあまりときめかないむしろサブキャラの某中井ボイスの方が攻略キャラじゃないのマジかと思ったぐらいでしたが、今やすっかり『スケさん』にやられました。
『スケさん』なだけに(笑)女たらしという設定みたいですが、どちらかといえば調子のいいお兄ちゃんみたいな感じで、でも恋愛モードに入るとその本気っぷりにブワッと。グワッと。(簡単なヲタ女)
あと全体的にキャラクター同士のやりとりが小気味良いので、みんな可愛いなぁと好きになりました。真面目で堅物だけどもしかしたら若干残念かもしれない『カクさん』の株が上がりました。


登場人物の名前のモチーフに某時代劇好きだった者としてはニヤリときてしまいますな。

葵座で主人公デフォが水戸葵なだけに、剣助の『スケさん』、鬼格の『カクさん』、荒銀淋の『銀』、蜂須賀陽太は『うっかりしすぎなハチ』で、七巳は多分『弥七』ですね。『飛猿』ならぬ猿飛さんまでいますし。しかも体型がまさに野村様系筋肉(笑)。攻略キャラだったら真っ先に落としにかかってましたよ勿体無いなぁ。


まあ、あとはストーリーですね。とりあえずクリアしてみて消化不良起こさなかったら「お勧め!」と言えると思います。
しかし私の好きな要素は万人受けしませんし、私の好きな物はほぼマイナーばっかりですからね。アテになりません。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック