忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/11/22 (水) 02:08】 |
トラックバック() | コメント()

ルート分岐作業
果物【管理人】
『維新恋華』も二周目ですが、二章の時点で各キャラにルート分岐するっぽいのでとりあえず五人分ルートの入り口開けてセーブしときました。
中岡は初っぱなで上げておかないと分岐まで上げるところがないのですが、上げたら上げたで好感度40くらいになってしまうんで、他のキャラをそれ以上にするため何度か会話イベントやり直しました。初期の中岡をもうちょっと抑え目にしとけば一発で調整できたかもしれませんが。とはいえ龍馬以外のルート分岐が思いの外簡単でホッとしましたさ。
とはいえ二周目も龍馬ルートで今度は歴史ポイントMAXでやっております。大丈夫かなとはちょっと心配。今のところは内容同じなんですが。むしろ歴史ポイント0にしたら思いきったifでもいいんじゃなかろうかいや戦国なら現代まで間があるからともかく幕末であまりifやると現代の価値観の部分まで直結して関わって来るので難しいかな。私も違和感があるし。死ぬべきところで死なず、でも死んだことにして表舞台から姿を消す……そういうオチが安全かなと。
それにしても龍馬ルートの中岡がイイ奴すぎて泣ける。中岡ルートからの龍馬&中岡EDあればいいなと。当然ですが皆あちこちで活動している様子が伺えるので、他のキャラの視点でも見てみたいですね。
龍馬をはじめとする方言系キャラが多くて自分の中での標準語がようわからんようになる。(汗)


コメントを閉じる▲

えー、みなさま。明けましておめでとうございます。
……………………


遅  い  わ  馬  鹿  。 orz


なんか、こんな感じのノリを何年か前にもやったような気がしますが、今年もよろしくお願いいたします。(これでどうよろしくしろと)

冬休みは実家に帰ってました。いつもは年末年始雪かきに追われるのですが今季はほとんど雪も降らず、母が風邪を引いたためどこにも出かけずほぼインドア生活。
色々なことがひと段落したので主に創作と『遙かなる時空の中で4』(PSP版)やってました。

で。みなさん。


遙か4、面白いですね。


…………発売日とほぼ同時に買っておきながら今更何言ってんだよという話ですが。いやまあ、私の悪い癖で、いつものように(本当にいつものように)「買うだけ買っておいて放置」をしていたもんですから。そしていつものように思い出したころにプレイしてがっつりハマるパターン。

PS2版は八葉4人+兄様EDクリアまでこぎつけた時点で、まあ例によって例のあんまりなEDにorzし過ぎて(兄様好き過ぎて期待しすぎた反動)、テンション下がりまくった結果、そこでお蔵入り。
PSP版のプロモであの爆弾スチル見つけて即決で購入したものの、そもそも兄様EDにたどり着くまでが長いのでなんとなく渋って二年ほど放置……で、結果フルコンプリートして現在に至る。(極端なヤツ)

とりあえずナーサティヤEDを目指す→それにはまずアシュヴィンEDをクリア→最初の天秤で黒麒麟が倒せないので何周かやって力上げておきたい……という地味に長い手順を踏まなければならないので、正直兄様にたどり着くまでにモチベーションが持ってくれるか心配だったんですが、世界観とシナリオにズルズルとハマりこんでナーサティヤどころかあっという間にフルコンプリート。ちゃんとサブキャラも風早真ENDも終えました。


PSP版プレイされた方は「サティの逸話見てテンション上がった勢いで全クリしたんだろう」と思われたかもしれませんが、実はそうではなく(いつもならそうなんですが)。

PS2版の経験から、まず恵を効率よく集めたかったので最初からできるだけ多くの天秤を動かしておく→となると先に天秤開きかけた八葉全員クリアした方がいいよね→(八葉一通りクリア後)風早真ED目指しながらサブキャラの残りの天秤動かす→とりあえず風早真EDクリア→サブキャラEDは大半まとめてできますが、兄様は別なのでとりあえず大部分のサブキャラEDからクリア→また終章冒頭からやり直してようやっとナーサティヤEDクリア…………という具合で、あれだけ楽しみにしていた兄様ED(正確にはその後の逸話)に行き着いたのはなんと全体のほとんど最後の方でした。

コンプリートの効率を優先し、「楽しみを最後にとっておいてもいい」と思えるくらいハマったといいますか、そこまでやりきるテンションが持続したというのは、私の中ではなかなかに珍しいことです。大体乙女ゲームはよっぽどハマらない限り気になるキャラ何人か攻略して止めちゃう方なので。
今回は世界観やキャラクターももちろん良かったですが、一つ一つのEDはとても断片的でありながら実は色々なところで繋がって最終的にどえらいでかい展開になるシナリオのこだわりっぷりにやられました。


いつかプレイ記書くかもしれないし書かないかもしれないしですが、とりあえず愛蔵版マジありがとう。(笑)
例によってナーサティヤの逸話にぐでんぐでんしてました。神子様がサティのこと好きで好きでしょうがなくて完全に恋の病ですね。遙か4って全体的に「キャラ→神子」感が強いんですが、ナーサティヤに対してだけは神子の気持ちが恐ろしいほどプレイヤー(私)とシンクロしますね。
内容としては前半の遠夜やシャニの話で笑えばいいのか泣けばいいのか分からなくなって、中盤は神子の痛烈な片思いっぷりにうぁああぁああってなって、ラストに吐血。終わりか!?そこで終わりか!?ああでもそこでズバッと終わるから逆に余韻が残っていいのか!?何にせよ神子はもう二度と彼を離さないかと。この矢印の強さが理想。
あと常世兄弟が好きな方はムドガラ逸話と皇逸話もおススメです。ムドガラ逸話は萌えるんだか笑えるんだかとにかく色々とプルプルします。美味しすぎます。それから風早真ENDルートの三兄弟の竹簡戦争(違)が可愛いですね。この兄弟本当大好き。





それで、遙か4を一通り終え、乙女ゲーム熱がカッとしているノリのまま買って置いたまま(相変わらず置いたままスタンス)の『維新恋華 龍馬外伝』もプレイしました。
この作品はずっと前にビーズログで記事見た時から、絵柄というかスチルの艶っぽさが気に入っていつかやりたいなーと思ってたものです。こんなセクシーな龍馬見たことない。

とりあえず初回は終わりました。龍馬ED4(Bルート)でした。
何だかんだで安定の良作である『遙か』の後にやるとやっぱりというか何というか、「万人受けはしないよなー」というのが印象です。乙女ゲームにしては絵が濃厚過ぎるとか、歴史をしっかり描き出そうとこだわるあまりプレイヤー置いてけとか。
……ですけども。なんですけども。困ったことにと言いますか何と言いますか、


私は大好物でしたという。(爆)


安定のマイナー作品フェチですね。いや別にマイナーだから好きになるってわけではなく(別に人気作品だって好きになるものはなりますし)、世間と感覚がズレすぎて結果ハマるものが万人受けしないマイナーなものばかりなんだという悲しい性質。
もともと購入の理由が乙女ゲームにあるまじき絵柄の濃ゆさとセクシーさですし。歴史重視の脚本も若干置いてけにはなりましたが、私自身幕末史をほとんど知らないため普通に勉強になりました。(笑)あーここでこういうことが起こったからこの出来事に繋がっていくんだー、とか。


まだ一周しかしてないのでハマるかハマらないか作品の評価もハッキリできませんが、乙女ゲームにしては歴史の流れに基づいたなかなかに重厚な脚本だなと思います。
……いや、まあ幕末史に詳しくない上に乙女ゲーム要素も交じってるのでどこから史実でどこからifなのか判断できず、「ちゃんとしている」かどうかはよく分かりませんが、メインキャラだけでなくサブキャラも歴史上の人物ですから、それが一人一人とても丁寧に作りこまれているなと。

特に『会話』イベントの台詞の豊富さには感心しました。どうしても攻略対象とのイベント発生条件を優先してしまうため全部聞き出せないんですが、一人一人キャラクターがしっかりしていてそれぞれの視点のそれぞれの考えや意見、逸話など色々と面白い話も聞かせてくれます。


『龍馬外伝』なのではじめのうちは龍馬中心で進んでいきますというか、むしろここからどうやって龍馬以外のルートに入るんだ?っていうくらい龍馬中心ですね。いや、まあ私も龍馬が一番の目当てだったので構わないんですが。森川さんの土佐弁に心臓打ち抜かれまくりです。

恋愛イベントは……もともと雑誌でスチルとか見てたので予想通りといいますかなんといいますか……糖度高いとか通り越してセクシー全開過ぎます。なんてたってCEROがC(15歳以上対象)ですからね。そのくらいの内容ということで。(笑)
龍馬ルート限定なんだか知りませんがやたら裸の付き合いが多いこと。いつやっちまったかと思うと気が気でないです。(コラコラ)
前々から思ってたんですけど、ぶっちゃけR-18よりR-15くらいの方がドキドキしませんか?(中学生かおまえは)


システムとしては好感度の他に『歴史ポイント』なるものがあって、これが高いと史実に近くなり、低いとifになっていくのだそう。
……ただ、例によって私は幕末史に詳しくないのでどういう選択をしたらifになるのか、そもそもどっからがifなのか全然分からんという。(笑)いやもう本当、幕末モノとしてではなく絵柄のセクシーさと森川龍馬が完全に目当てだったもので。

ともかく龍馬は史実通りにいくと……になるわけですから、やっぱりifの方がいいのかな?と思ってとりあえず歴史ポイント0にしてEDしました。よくはわかりませんが、結局ifになったのって最後のアレだけじゃないかなと。
龍馬BルートからのED4は普通にハッピーENDでした。龍馬っていうか龍馬&中岡EDみたいな。バカップルと付き合う羽目になる中岡が若干居た堪れない気がしないでもないですが。(笑)
ただ、EDはバッドEND別にして各キャラ4種ずつあるということで、ということは史実通りにいっても必ずしもバッド的ENDではないのかなと思いまして、今度は龍馬Aルートでやってみようかなと思います。にしてもバッドEND回避条件が分かるのは良い。

龍馬もいいですけど中岡いいですね。幼なじみトリオいいですね。わかりやすいくらいの檜山ボイスがいいですね。普通、こういうタイプは乙女ゲームでは絶対攻略キャラになれないところが、敢えて攻略キャラになっているのが素晴らしい。


歴史モノだからというわけではなく本当に絵柄とセクシーさとキャラを目当てに買ったわけではありますが、それにしても幕末モノは慣れない。戦国モノは資料が少なくて想像で賄われている部分が多く史実と創作は割り切って考えられますが、それに比べて幕末史ってずっと最近のできごとで、個人の思想や行動に関する資料や写真もたくさん残っていて、それだけにやたらリアリティを感じてしまってどうも創作モノに対しては申し訳なさを感じてしまうんですよね(一般向け作品は全然平気なんですが、ヲタ向けはどうも)。だから薄桜鬼とかにもあまり乗り切れない。こういうことは考えるとお終いなので深く気にしないようにはしてますが。(汗)

拍手[0回]

PR

【2013/01/15 (火) 03:44】 | 乙女ゲーム プレイ記・語り
トラックバック(0) | コメント(1)

ルート分岐作業
果物【管理人】
『維新恋華』も二周目ですが、二章の時点で各キャラにルート分岐するっぽいのでとりあえず五人分ルートの入り口開けてセーブしときました。
中岡は初っぱなで上げておかないと分岐まで上げるところがないのですが、上げたら上げたで好感度40くらいになってしまうんで、他のキャラをそれ以上にするため何度か会話イベントやり直しました。初期の中岡をもうちょっと抑え目にしとけば一発で調整できたかもしれませんが。とはいえ龍馬以外のルート分岐が思いの外簡単でホッとしましたさ。
とはいえ二周目も龍馬ルートで今度は歴史ポイントMAXでやっております。大丈夫かなとはちょっと心配。今のところは内容同じなんですが。むしろ歴史ポイント0にしたら思いきったifでもいいんじゃなかろうかいや戦国なら現代まで間があるからともかく幕末であまりifやると現代の価値観の部分まで直結して関わって来るので難しいかな。私も違和感があるし。死ぬべきところで死なず、でも死んだことにして表舞台から姿を消す……そういうオチが安全かなと。
それにしても龍馬ルートの中岡がイイ奴すぎて泣ける。中岡ルートからの龍馬&中岡EDあればいいなと。当然ですが皆あちこちで活動している様子が伺えるので、他のキャラの視点でも見てみたいですね。
龍馬をはじめとする方言系キャラが多くて自分の中での標準語がようわからんようになる。(汗)


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ルート分岐作業
『維新恋華』も二周目ですが、二章の時点で各キャラにルート分岐するっぽいのでとりあえず五人分ルートの入り口開けてセーブしときました。
中岡は初っぱなで上げておかないと分岐まで上げるところがないのですが、上げたら上げたで好感度40くらいになってしまうんで、他のキャラをそれ以上にするため何度か会話イベントやり直しました。初期の中岡をもうちょっと抑え目にしとけば一発で調整できたかもしれませんが。とはいえ龍馬以外のルート分岐が思いの外簡単でホッとしましたさ。
とはいえ二周目も龍馬ルートで今度は歴史ポイントMAXでやっております。大丈夫かなとはちょっと心配。今のところは内容同じなんですが。むしろ歴史ポイント0にしたら思いきったifでもいいんじゃなかろうかいや戦国なら現代まで間があるからともかく幕末であまりifやると現代の価値観の部分まで直結して関わって来るので難しいかな。私も違和感があるし。死ぬべきところで死なず、でも死んだことにして表舞台から姿を消す……そういうオチが安全かなと。
それにしても龍馬ルートの中岡がイイ奴すぎて泣ける。中岡ルートからの龍馬&中岡EDあればいいなと。当然ですが皆あちこちで活動している様子が伺えるので、他のキャラの視点でも見てみたいですね。
龍馬をはじめとする方言系キャラが多くて自分の中での標準語がようわからんようになる。(汗)
2013/01/16(水) 07:05 |   | 果物【管理人】 #4d97c014f9[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック