忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


※以下、『妖ノ宮』のプレイ感想です。
ストーリー面のネタバレはしていないつもりですが、システム面のネタバレはしていると思われるのでご注意ください。



音楽が幻想和風系でイイですが……いやー……いったいEDいくつあるんでしょうねー、『妖ノ宮』。
条件さえ揃えば期日の半分くらいでEDを向かえられるのでわりとサクサクプレイできました。
今日の夜インストールして、実に十数個ものEDを見ました。まあ…ほとんどバッドED臭いですが。(汗)

やっぱ……難しいよー。(泣)
どうしたら大団円っぽい幸せなEDになるかなぁ。

いや、メイン八人のキャラEDを迎えることはそんなに、どころか全然難しくないんですよ。
基本的にキャラと会って行けば自動的にイベントが起こるので。
一周目は伊摩利EDでした。素敵三宅ボイスと意外に紳士的だったキャラにスッコンやられました。もう、なんだ最近はこういうタイプに弱いんだ。

だけどどうやらこの八人の攻略……本筋である勢力争いの脇で起こる話なので、基本は個人的なことだけでストーリーの軸に全く触れていないというか……ED条件満たしたら強制終了なんで、勢力争いの点では物っ凄く消化不良なんですよ。(汗)
まあ、意中のキャラと幸せになりさえすれば良し…というのならEDはそれでいいわけですが。

でも、私の二大好きキャラが四天王の某中井ボイスと某置鮎ボイスなんで、やっぱりね…やっぱり勢力争いに勝ってほしい!!と思うわけですよ。
特に伽藍さんには夢を果たしてもらいたい。この中井狼は鼻血級の可愛さだ(やめれ)。そして置鮎鳩羽さんは吐血級に素敵すぎる。一生付いていきます行かせてください(やめれ)。

キャラが脳髄にクリーンヒットした分、なかなか幸せなEDを向かえられないのが苦しい。
いつもならこの根性無しはちょいと難しいとすぐ投げ出すダメ人間ですが、今回はもう、キャラにがっちりハートを掴まれてるんで諦めきれない。(ハイハイ)
うぁあぁ。何で好きになったキャラがよりによって四天王なんだー!メイン攻略キャラだったら楽だったのに。(いよいよ設定に八つ当たり)


自分の後ろ盾を勝たせるには、他の三人より圧倒的な勢力が必要だそうで……そうするには普通にやってちゃダメみたいですね。
相手勢力の味方を削ぎ取り…こちらに引き付けねばならないようで。
そうなると権力の維持が厳しいんです。相手勢力と話するにはとにかく大量の権力が必要で、それが切れたら貯め直して……そうこうしてるウチに期日が来て時間切れED。(泣)
せめてこの「期日」さえ無ければなぁ…わりとあっと言う間なんですよね。

かと言って妖術使って四天王を自分の虜にしてED……というのも幸薄ですしね。(ある条件を満たすと本当にそういうことできるようになります。妖ノ宮おそろしや;)


あ、ちなみに完全に人間道を捨てて妖怪道まっしぐらというルートもあります。いや、ホントただの女の子になるか「妖」ノ宮になるか…色々ですね。
ある条件を満たすと某妖怪の妻になるEDまであったりするんですが、なんだろう……告白の台詞に萌えちゃったじゃないか!声もつかないサブキャラなのに…侮りがたし。(笑)
スチルまであったのがビックリ。この結末はアリだと思ってしまった。


とにかくとにかく…勢力争いに勝つ(勝たせる?)コツ、誰かご存知の方がいましたら教えてください。
早く攻略本でないかな…。

拍手[1回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック