忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


格ゲーで栽培マンに自爆されると残り体力に関わらず問答無用で負けとなるいらん「原作に忠実さ」を持たされるヤムチャが好きです。

初登場時ちっちゃい若王子に可愛いなぁと思いつつ、これから好きなキャラがどんどん死んでいくのか……とシュンとしてしまいます(DBの宿命ですが)。緑川な天津飯にキュンキュンしてるのも短い夢。
若王子っつてもこの時点で三十路越えなんだけど。当初の設定では悟空よりも年下の少年だったらしいので、ちっちゃくて若々しく見えるんですね。




歴代『電/王』の映画で不幸な目にあっていると思う人。

07夏:侑/斗に(未来へ)連れて行かれる→ラスボスと戦う(U良)→(もとの時間に)帰る→(ユウトに)連れて行かれる→ラスボスと戦う(K良)→帰る→連れて行かれる→ラスボスと戦う(R良)→帰る→記憶喪失になる→ラスボスと戦う(M良)……と、ひとつの体でガ/オ/ウとの決戦を4回もすることになった良/太/郎。

08春:K良にフルボッコにされた人。

08秋:撮影中、失神。撮影後、7キロ痩せたという高/岩さん。(観てて気が気じゃなかったです)

09春:沈められても穴が空いても頑張るデ/ン/ラ/イ/ナ/ー。(あと、DEDに目的不明で召喚されて奴らに体を乗っ取られた平成ラ/イ/ダ/ーたち)


というわけで先週の土曜に劇場版『超電/凹&DCD』観に行けました。はるばる……出雲まで。だって近くだとそこでしかしてなかったからさ。(泣)
&と言いつつメインは相変わらず電/凹ですが、まあそのへんは電牙の時もそうだったのでともかく。

佐/藤くんが好きな人は今回出演してないのでガッカリかもしれませんが、単純に電/凹が好きなら楽しめると思います。相変わらず…と言うか前以上に好き勝手面白おかしくな感じですね。
感想はまた後日チミチミ書いてみるとしてとりあえず、

ウ ラ 次 狼 さ ん ………ッ!!

今回一番のツボポイント。まあ何だかんだでウラが好き。
青金紫は親子みたいですね。意外と保護者肌なんだよ青は。
恒例(?)ゲスト憑依はウラが憑くにはちょっとゴツいような感じがして(役者さんの年齢が年齢ですから仕方ないですが)高音遊佐ボイスに違和感があったんですが、素の声があまりの素敵低音で打ち抜かれました。ヤバい、牙観たくなった。(笑)

敵A、Bのような奴から中井ボイスが聞こえたような気がして「え!?なんというムダ使い!」と思ったんですが、スタッフロール見たら檜山さんでした。まあ檜山さんならいいか。(←失礼)檜山さん好きです。バカめ!

少年の正体は途中から薄々予感してたんですが、当たるとニヤリとしますね。
佐/藤くんが見たいと言う人は『GOEMON』の方をどうぞ。こちらも近々観に行く予定です!まさかの浅井茶々ヒロインにビックリで、これは観ておかねば、と。(決してイケメン武将?たちが人間離れしたアクションを繰り広げるどっかのゲームっぽいから、ではなくて)




PSP遥か2は三周目完了しました。

翡翠の大切な恋ルートですが、自分の感覚が麻痺ってるのか思ったよりも糖度は高くなかったように思えます。
いや、吐く台詞とか充分に甘いのだろうけど、普段が普段なのでギャップからすれば勝真の方が甘いなぁと思うんでしょうね。
こういうタイプは動揺したり困ったりした時がキュンと来るんですよね。物忌み第六段階目のイベントでハラハラしてるのにニヤリとします。
ちょっと照れたようにそっぽ向いてる表示が可愛かったです。恋愛イベントじゃないと見れないですねこういうのは。1、2の地白虎は気持ちが動いた時に髪をいじるのがクセなんでしょうか。友雅がグシャと髪を掻きあげているのが好きです。

アクラムEDの条件揃えていると最終決戦で八葉とVS的会話が発生するみたいです。翡翠はなかなかにイイ感じで。一瞬「でもアクラムと戦うなんて嫌」を選ぼうかと思いました。(赤っ恥かかせる気か)
空から降ってくる神子と八葉のスチルは盛り上がってる感じで好きですが、特に正面抱っこが萌える。頼忠のも好きです。
しかし現代ED……なんだそのグラサンは。吹きました。個人的に翡翠は現代EDの方がしっくり来る気がします。自由人だからどこ行ってもアリですが、花梨が海賊には向いてないような。(笑)
クリアするとおまけイベントでそのキャラの「はるたどり」を見てみるのですが、陰陽師くんが気の毒で面白かったです。「往来の真ん中でイチャイチャするのやめろ」ってのはナイス過ぎるツッコミ。でも翡翠さんに脅される不憫さ。甘々でもツッコミがいると笑えますね。ツッコミ不在だと(苦)笑えるんだけど。(アクラムがやたら性格丸くなってるのにはニヤニヤします)


ちなみに、同時進行しかけてた星の一族イベントは休日の会話が足りなくて失敗。原因となった五行各60でクリアも結局できなかったし、二兎追う者は一兎も得ず。
特に五行最大はここ二周目指しては失敗しているので、四周目はそちらを成功させることに専念します。必要なのは計画性。特に序盤が重要だと思いました。いつどこへ行ったかメモしながらやっているので、今のところは満遍なく上げられていると思います。

そんな四周目は院側でイサト中心にやってます。また今までとは違う視点なので、なるほどなと思います。紫姫たちにも嫌悪向けてるのでどうしようかと思いましたが。
短気で偏見の部分もあるけど、言ってることは切実なんですよね。「お前 かなりいい生活させてもらってるんだぜ」とか言われたら何も言い返せないですね……。
火之御子社での話にはニヤリとしてしまいますね。そのあたりを某Kさんに詳しく(モゴモゴ)

別勢力恋愛は泰継で。先代コンプレックスぶりが面白いです。夢浮橋で2歳泰明に気が引けてる90歳泰継がなんとも…。





ポケモン、ついに金・銀のリメイクが!!!
いつか出てくれないかなー、と思っていたので大変に嬉しいです。(歓喜)

小三の時、「ゲーム」というものを生まれて初めてプレイしたのがポケモン銀でした。なので、金・銀・クリスタルにはとってもとっても愛着があります。
今持ってるクリスタルはポケモン図鑑があと十数匹で完成しそうな状態なので、かなりやり込んでいる方ですね。


金銀で特に好きと言えば赤髪のライバル君。
昔はその凶悪さに「怖ぇえ~!この人怖ぇ~(汗)」とビビりまくっていたんですが、今や男キャラは皆萌えの対象だと言う腐りきった精神となっては苦悩しながら成長していく姿にキュンキュンしています。
グリーン(赤緑青のライバル)も当時はコノヤロウと思ったもんですが、ファイアレッドをやるころになると「まったく、生意気なヤツめv」ってなもんですから、人間変わるもんです。
まあ、この歳になるとたかだか11、2歳のガキんちょが生意気だなコノヤロウぐらいにしか思わなくなるんですよね。サトシがとてもお兄ちゃんに見えていたあの頃が懐かしい……。

ポケスペのクールでストイックなグリーンやシルバーもいいけど、ゲームのクソ生意気だったり非行に走ってたりするライバルたちの性格の悪さが好きです。『ゴールデンボーイズ』のブラックとかツボでした。極悪っぷりが。でもちょっと意地っ張りでカッコつけなところが可愛いんです。こういうタイプは完膚なきまで叩きのめしてボロボロにしてやりたい。(……最近の自分は歪んだ愛の変態に磨きがかかっている気がします/汗)

そんなわけで、今回是非やってもらいたいことは「ライバルとの共闘」!
これはダイヤモンドでかなり胸打たれた要素です。やっぱりこのDB式友情(より強大な敵を倒すためかつての敵と手を組む)は魅力。ダイヤ・パールのライバルは最初から親友ですが、あのライバルがどう妥協してくれるか…気になります。妥協は無理か。


赤緑リメイクでナナシマとかあったので、いろいろ追加要素とか気になるんですよね。
金銀はマップ的に歴代で一番ボリュームがあったように思えます。とは言え、ゲームボーイの容量なのでカントーが色々と省略されていましたから、そのへんがどうなるか。
ライバルの過去とか分かればいいなぁ、とちょっと希望。サカキの息子っていうのはポケスペだけじゃなくて、ゲームでもそんなことがほのめかされている感じですね。

ポケギアシステムがまたあると嬉しいですね。バトルサーチャーに比べれば非効率ですが、永遠の親友(?)短パン小僧のゴロウとか、やたらツンデレなエリートトレーナーとか、色々面白かったです。
ポケモン界もテレビが普及してきて、ラジオはどうなるんでしょうね。でもこれもひとつの「味」なのでラジオがあると…いいですね。ラジオ塔は歴史のキーポイントですし。
リメイクは「色々と変わり」つつ「変わらない」ものがいいですね。音楽とか、システムとか。……でも進化の石はもうちょっと入手しやすくしてください。(制作側も難しい方が面白いだろうとこうやったら、実際にプレイしてみて非常に苦しんだという…)


最初のパートナーを何にするか今から悩みつつ(クリスタルのやり込みデータではチコリータなので、今回はワニノコかヒノアラシかで)、それ以前にハートゴールドかソウルシルバーか悩んでいます。
今まではポケモン交換のため妹と別バージョンにしたり、ダイヤモンド・パールとあれば先に名前があるのでダイヤモンドを選ぶくらいの超適当な感じでしたが、今回は「初めてやったゲーム」を意識してシルバー(銀)にしようかと思います。
……ということは、初回パートナーだったヒノアラシになるかもしれません。ヒノアラシだとコガネジムでやや面倒なことになりますが、パートナーはどれにしてもあまり感覚は変わらない気がします。個人的に赤緑ではフシギダネ、ルビーサファイアではミズゴロウ、ダイヤモンドパールではヒコザルが最終的に使い勝手が良かったように思えます。敢えて金銀ならばワニノコでしょうか。「かみつく」がゴースト対策に役立ちました。

金銀は男主人公にも愛着があってやはり「初めて」を意識するなら今回は男主人公にしてみようか、とも思いましたがダイヤモンドパールと同じく今回も選ばなかった方の性別がサポートで登場してくれるということで、だったらむしろ女主人公の方がオイシいのではないかと思ってます。NPC時の性格も気になりますし。
ダイヤモンドで「仲良しカップルのつもりで助けに来たの?」と言われた時はちょっとニヤリとしてしまったのはここだけの話。

…………私は低年齢層向けのゲームでどうしてこうも不純になれるんだろう。(汗)
いや、でも、ね、ポケモンは純粋に好きです。根本的なところがひとっつも変わらないのが。

拍手[0回]

PR

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック