忍者ブログ
雑多な語り場。所謂「オタク」「同人」「二次創作」と呼ばれる要素全開かつ超ミーハーなので、そういったものが苦手な方は御注意を。更新は月2~3回程度ののんびりペースです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


【2017/09/25 (月) 18:48】 |
トラックバック() | コメント()

おほ~
果物【管理人】
今年も相棒やってくれるそうです!
わかっちゃいたけど、改めて発表されるとうれしいですね。
これで死の行事だらけな10月も乗りきれそうだ。
亀山相棒も神戸相棒も好きです。亀山の「か」はカッコイイの「か」で、神戸の「か」はカワイイの「か」です。(なにそれ)
例の『相棒婚』も奇しくも実写忍たまの時期だったんで、ワイドショーとかでたまに取り上げられてたのが面白かった。

てなわけで(?)、明日は実写忍たま観に行きます。(二回目)
前回は学園生徒たちに注目してましたが、今回はドクササコに絶賛注目しますっ。(←お前)
実写でもまじ男前だった凄腕さん。まさかあんな爆弾(発言)投下してきやがるなんて……!

実写が終わったら次は会計委員会の段(ドラマCD)を目指して生きていきます。
魔のテスト期間を乗り越えます。ドラマCDを心置きなく聴くために、追試なんてくらってたまるか一発クリアを目指します。いや当たり前なんだけど具体的な理由があるとやる気が違います。
こんなとき自分がヲタクで良かったなーと思いますね。

しかしテスト期間という「他のことをやっちゃいけない期間」に限って、小説のインスピレーション高まります。よりによって。禁断だからこそ……か。(汗)




あ、フォーチュン・クエストの最新巻も買いました。やっぱり安定して好きだ。
あの~ところで、フラグはもうトラップと見てよろしいのでしょうか?よろしいですね(早急)。意外と早くあっさりと折れたのがクレイ。もうアレだ。彼はハンサムなのにモテモテなのにいい人止まりにも程がある。(笑)
いやあのフォーチュンは別に恋愛無しでもいいくらいなんですが、たまにチラチラ見る「フラグ」的なものにキュンとくる。パステル視点オンリーだから、相手の真意がわかりづらいもどかしさ。
パステルも結構モテてると思うんですが、本人が一番「恋してる」と認識しているのがジュン・ケイ(女)って……。でもギアにはもっかい出てきて欲しい。フラグ折れてそうだけど、単純に好き。
でも最近、自分の中で急上昇なのがキットン。あのマイペースっぷりは大物。小説としても動かしやすそう。
…………なんつーか、ヲタサイトでフォーチュンを語ってはいけないような気がする。(汗)
あれは聖域。児童書並に聖域。でもヲタク集う電撃文庫なんだけどね。
フォーチュン時代くらい昔のライトノベルって面白そうなの多い。


コメントを閉じる▲
と、いうわけで(どこから「と、いうわけ」なんだ?)実写忍たま映画観てきました。
一昨日の話です。
春の長編アニメ映画と同様、公開初日に観に行けるってなかなかないです。
ヒマがあったら夏休み終わるまでにもう一回観たいなー。どんなに面白くてもさすがに映画は二回が限度。資金的に……。(汗)


ちなみにアニメ映画の方はDVD買いました!
これはもう自分の中で殿堂入り作品です(殿堂入り?)。ヤバイです。みんな可愛いしカッコイイし動きまくるし楽しいしストーリーのテンポがいいし映像綺麗だし時代考証のこだわりっぷりが素晴らしいし。
特典映像も良かったです。やはりスタッフの方々のこだわりが凄い。そして乱きりしん声優さんたちのトークは仲良しおばちゃん三人組の会話みたいで楽しかったです。そしてやっぱり置鮎さんは伊作より魔界之先生の方が好きみたいです(笑)。そして結果的にインタビューしてもらえなかった六年生の某声優さん。映画では六年生の中で伊作の次くらいに活躍してたし是非聞きたかったんだけどなぁ。



以下、実写忍たま映画のざっくり感想。さすがに思いっきりネタバレなので折ってます。






拍手[1回]

とりあえず何に驚いたって五六年生の活躍シーンが全部カットされていたことに驚きました。
最近の忍たま傾向として正直二三年生の部分はカットされても五六年生は絶対出るだろうと思いましたが、逆で二三年生はバッチリ出ましたね。もちろん二三年生好きなんでそこは嬉しかったです。

それにしても五六年生カットはちょっとショックでした……。
いや決して上級生至上主義というわけではないんですが(特にこの競争の話の良さは一年は組の友情&頑張りがメインだと思います)、学園生徒が『みんなで』力を合わせている話が好きなんで、やっぱり五六年生も欲しかったです。ここまで濃すぎるキャラをごちゃごちゃ出したら、あと少々(少々か?)濃いのを十人くらい出したっていいじゃない。

ええと、まあ、私自身が45巻の話が大好き過ぎることもあって焙烙バレーとかギンギンに期待しすぎた反動もあったせいなんでしょうが……。序盤の上級生たちのアクションがとてもカッコよかったのでそれだけに惜しい。

時間の都合でストーリーがあれこれカットされてたのはショックでしたが、実写としての世界観やキャラクターの造りはなかなか良かったと思います。
制作繋がりか、ハリポタ観るのと似た感覚になりますね。ちょっと(どころか)ファンタジーっぽい。だけど、自然に溶け込んでいる。私はあんまり抵抗ありませんでした。
やや下ネタがしつこいのと(う○このリアリティ凄すぎ)、おばあちゃんシナ先生のキャラが残念なのは監督の趣味なんですかね。

ただ「初めての方でも大丈夫~」と言っておられてましたが、初めてどころか生徒全員の名前を言えるくらい熟知してる方でないと完璧に置いてけだと思います。
キャラクターはわんさか出てくるし、全員再登場キャラですからね。(以前から乱太郎たちと知り合い設定)
タカ丸の経緯だけでも複雑なんで、これはもう完全に原作ファンでないと付いて行けないかな、と。

あと、細かいところ。↓
・一、二巻のネタが懐かしすぎて笑い以上になんだかジンと来ました。知っている自分が嬉しい。
・実写きり子ちゃんヤバイくらい可愛い。
・くの一は原作仕様ですね。
・唯一出張った六年生・伊作。
・団蔵の漢前シーンもカットされてたのは残念。
・白目を慰める凄腕にキュン。
・戸部先生カッコ良すぎます。
・何だかんだ言いましたが、とにかく子どもたちが可愛くって元気になります!
・DVDにはカットシーンも載るかな。
PR


追記を閉じる▲
とりあえず何に驚いたって五六年生の活躍シーンが全部カットされていたことに驚きました。
最近の忍たま傾向として正直二三年生の部分はカットされても五六年生は絶対出るだろうと思いましたが、逆で二三年生はバッチリ出ましたね。もちろん二三年生好きなんでそこは嬉しかったです。

それにしても五六年生カットはちょっとショックでした……。
いや決して上級生至上主義というわけではないんですが(特にこの競争の話の良さは一年は組の友情&頑張りがメインだと思います)、学園生徒が『みんなで』力を合わせている話が好きなんで、やっぱり五六年生も欲しかったです。ここまで濃すぎるキャラをごちゃごちゃ出したら、あと少々(少々か?)濃いのを十人くらい出したっていいじゃない。

ええと、まあ、私自身が45巻の話が大好き過ぎることもあって焙烙バレーとかギンギンに期待しすぎた反動もあったせいなんでしょうが……。序盤の上級生たちのアクションがとてもカッコよかったのでそれだけに惜しい。

時間の都合でストーリーがあれこれカットされてたのはショックでしたが、実写としての世界観やキャラクターの造りはなかなか良かったと思います。
制作繋がりか、ハリポタ観るのと似た感覚になりますね。ちょっと(どころか)ファンタジーっぽい。だけど、自然に溶け込んでいる。私はあんまり抵抗ありませんでした。
やや下ネタがしつこいのと(う○このリアリティ凄すぎ)、おばあちゃんシナ先生のキャラが残念なのは監督の趣味なんですかね。

ただ「初めての方でも大丈夫~」と言っておられてましたが、初めてどころか生徒全員の名前を言えるくらい熟知してる方でないと完璧に置いてけだと思います。
キャラクターはわんさか出てくるし、全員再登場キャラですからね。(以前から乱太郎たちと知り合い設定)
タカ丸の経緯だけでも複雑なんで、これはもう完全に原作ファンでないと付いて行けないかな、と。

あと、細かいところ。↓
・一、二巻のネタが懐かしすぎて笑い以上になんだかジンと来ました。知っている自分が嬉しい。
・実写きり子ちゃんヤバイくらい可愛い。
・くの一は原作仕様ですね。
・唯一出張った六年生・伊作。
・団蔵の漢前シーンもカットされてたのは残念。
・白目を慰める凄腕にキュン。
・戸部先生カッコ良すぎます。
・何だかんだ言いましたが、とにかく子どもたちが可愛くって元気になります!
・DVDにはカットシーンも載るかな。
PR

【2011/07/25 (月) 22:40】 | 本,アニメ,ドラマ等 感想・語り
トラックバック(0) | コメント(1)

おほ~
果物【管理人】
今年も相棒やってくれるそうです!
わかっちゃいたけど、改めて発表されるとうれしいですね。
これで死の行事だらけな10月も乗りきれそうだ。
亀山相棒も神戸相棒も好きです。亀山の「か」はカッコイイの「か」で、神戸の「か」はカワイイの「か」です。(なにそれ)
例の『相棒婚』も奇しくも実写忍たまの時期だったんで、ワイドショーとかでたまに取り上げられてたのが面白かった。

てなわけで(?)、明日は実写忍たま観に行きます。(二回目)
前回は学園生徒たちに注目してましたが、今回はドクササコに絶賛注目しますっ。(←お前)
実写でもまじ男前だった凄腕さん。まさかあんな爆弾(発言)投下してきやがるなんて……!

実写が終わったら次は会計委員会の段(ドラマCD)を目指して生きていきます。
魔のテスト期間を乗り越えます。ドラマCDを心置きなく聴くために、追試なんてくらってたまるか一発クリアを目指します。いや当たり前なんだけど具体的な理由があるとやる気が違います。
こんなとき自分がヲタクで良かったなーと思いますね。

しかしテスト期間という「他のことをやっちゃいけない期間」に限って、小説のインスピレーション高まります。よりによって。禁断だからこそ……か。(汗)




あ、フォーチュン・クエストの最新巻も買いました。やっぱり安定して好きだ。
あの~ところで、フラグはもうトラップと見てよろしいのでしょうか?よろしいですね(早急)。意外と早くあっさりと折れたのがクレイ。もうアレだ。彼はハンサムなのにモテモテなのにいい人止まりにも程がある。(笑)
いやあのフォーチュンは別に恋愛無しでもいいくらいなんですが、たまにチラチラ見る「フラグ」的なものにキュンとくる。パステル視点オンリーだから、相手の真意がわかりづらいもどかしさ。
パステルも結構モテてると思うんですが、本人が一番「恋してる」と認識しているのがジュン・ケイ(女)って……。でもギアにはもっかい出てきて欲しい。フラグ折れてそうだけど、単純に好き。
でも最近、自分の中で急上昇なのがキットン。あのマイペースっぷりは大物。小説としても動かしやすそう。
…………なんつーか、ヲタサイトでフォーチュンを語ってはいけないような気がする。(汗)
あれは聖域。児童書並に聖域。でもヲタク集う電撃文庫なんだけどね。
フォーチュン時代くらい昔のライトノベルって面白そうなの多い。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おほ~
今年も相棒やってくれるそうです!
わかっちゃいたけど、改めて発表されるとうれしいですね。
これで死の行事だらけな10月も乗りきれそうだ。
亀山相棒も神戸相棒も好きです。亀山の「か」はカッコイイの「か」で、神戸の「か」はカワイイの「か」です。(なにそれ)
例の『相棒婚』も奇しくも実写忍たまの時期だったんで、ワイドショーとかでたまに取り上げられてたのが面白かった。

てなわけで(?)、明日は実写忍たま観に行きます。(二回目)
前回は学園生徒たちに注目してましたが、今回はドクササコに絶賛注目しますっ。(←お前)
実写でもまじ男前だった凄腕さん。まさかあんな爆弾(発言)投下してきやがるなんて……!

実写が終わったら次は会計委員会の段(ドラマCD)を目指して生きていきます。
魔のテスト期間を乗り越えます。ドラマCDを心置きなく聴くために、追試なんてくらってたまるか一発クリアを目指します。いや当たり前なんだけど具体的な理由があるとやる気が違います。
こんなとき自分がヲタクで良かったなーと思いますね。

しかしテスト期間という「他のことをやっちゃいけない期間」に限って、小説のインスピレーション高まります。よりによって。禁断だからこそ……か。(汗)




あ、フォーチュン・クエストの最新巻も買いました。やっぱり安定して好きだ。
あの~ところで、フラグはもうトラップと見てよろしいのでしょうか?よろしいですね(早急)。意外と早くあっさりと折れたのがクレイ。もうアレだ。彼はハンサムなのにモテモテなのにいい人止まりにも程がある。(笑)
いやあのフォーチュンは別に恋愛無しでもいいくらいなんですが、たまにチラチラ見る「フラグ」的なものにキュンとくる。パステル視点オンリーだから、相手の真意がわかりづらいもどかしさ。
パステルも結構モテてると思うんですが、本人が一番「恋してる」と認識しているのがジュン・ケイ(女)って……。でもギアにはもっかい出てきて欲しい。フラグ折れてそうだけど、単純に好き。
でも最近、自分の中で急上昇なのがキットン。あのマイペースっぷりは大物。小説としても動かしやすそう。
…………なんつーか、ヲタサイトでフォーチュンを語ってはいけないような気がする。(汗)
あれは聖域。児童書並に聖域。でもヲタク集う電撃文庫なんだけどね。
フォーチュン時代くらい昔のライトノベルって面白そうなの多い。
2011/08/17(水) 13:34 |   | 果物【管理人】 #4d97c014f9[編集]
[管理者用 返信]

コメントを投稿
URL:
   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック